その他

バス釣り用アイテム | タックルインプレッション

バスタックル

随時更新中

いつも当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

「俺のバス釣りタックル」では、様々なロッドやリールといったバス用アイテムのインプレレビューを紹介。
その中でも、現在入手しやすい比較的最近のモデルを中心に、おすすめインプレを厳選してご案内します。

バス用タックルのインプレについて

当サイトは、バスフィッシングが好きで、新しい道具や変わったギアも大好きな運営者が、多種多様なインプレを掲載しています。
ただタックルのインプレは、あくまでも個人の主観による感想。
例えばリールの剛性についても、計器で測定した実測値ではなく、使ってみた印象・イメージでのガッシリ感を表現しています。

また、1つの道具を使い続ける事で初めて伝える事ができるレビューや、釣り技術やテクニックの向上、流行りやメソッドの変化に応じて新しい発見がある事も事実。
当サイトのインプレは、さまざまなタックルを使い比べてみた個人目線の使用感として、何かの参考にしていただければ幸いです。

ダイワ ロッド(ベイト、スピニング)

リベリオン

ダイワのリベリオンは、実売価格が2万円前後の中堅モデル。
使いやすさと、海外トーナメントでも実績のある性能のバランスが良いコストパフォーマンスが魅力です。

ダイワ ベイトフィネス用バスロッド「リベリオン 652LFB」の実釣インプレをレビューします。リベリオン652LFBは、センターカ...
誇り高き“反逆者”たちのウェポン、リベリオン。聖なる剣は、野心的な若きトップガンたちが日々研ぎ澄ましていく。(ダイワ公式...
「ライトテキサスからビッグベイトまで万能」2020年に登場した ダイワ リベリオンの中でも、ヘビーバーサタイルロッドとして...
2020年にデビューしたダイワのバスロッド「リベリオン」。その登場は、「常識に反逆」という大胆な宣伝文句と、オレンジに輝...
ビッグベイト用バスロッド「ダイワ リベリオン 691HFB-SB, 692HFB-SB」の紹介、実釣インプレをレビュー!「常識に反逆せよ。...
黒を基調とするデザインに光を放つオレンジのアクセント。2020年に錚々たるラインナップで登場したダイワのバスロッド「リベ...

21 ブレイゾン

ダイワのバスロッドスタンダードモデルとも言えるブレイゾンがフルモデルチェンジ!
外観やデザインが大きくブラッシュアップされ、エアセンサーシートやカーボンモノコックリアグリップなど最新技術でパワーアップしています。
ビッグベイト用やベイトフィネスなど用途別に機種分けされ、各番手でセンターカット2ピースモデルなど、充実のラインナップも魅力。

▲2021 ブレイゾンのデザインは高品質で、フラッグシップモデルのリールを装着しても見劣りしませんダイワの本格派バスロッド...
2021年にフルモデルチェンジしたダイワのバスロッド「21ブレイゾン」。「blaze on -炎、立つ-」をキャッチコピーに掲げ、日...

ハートランド

ダイワのハートランドは、村上晴彦さんが監修する「使っていて気持ちいい竿」。
効率良くポイントにキャストし続けるといった、トーナメント用途から進化したバスロッドとは異なる特性のバスロッドです。

スモラバを世に広めた村上晴彦さんが監修するダイワのバスロッド「ハートランド」。その中で、村上流ベイトフィネスを体現す...
軟・疾風のコンセプトで登場した「12ドットスリー」をベースに、新たにセンターカット2ピースモデルでリリースされたスモラバ...
「こなれた釣りが出来るレングスで、軽く、気持ちよく使えるパーフェクトなサオやデ。これも一生モンかも知れん」(引用:DAIW...
「バーサタイル性はど真ん中のスピニングやろね」と村上晴彦さんが太鼓判を押す、ハートランド HL 6102MLFS-19 の実釣インプ...

ブラックレーベルトラベル

2021年に登場した5ピースロッド「ブラックレーベルトラベル」。
ソルトや怪魚にも対応する機種がありつつ、バスロッドとしての基本性能に優れたシリーズです。

バスフィッシングの基本動作、その本質を追求したバスロッド「ブラックレーベル」。2021年、そのブラックレーベルに5ピース・...

スティーズ(旧モデル)

スティーズロッドは2020年にフルモデルチェンジ!
ただ、番手によっては新モデルで登場していない機種もあるので、おすすめな旧機種のインプレを紹介します。

ヘビーカバーへの大胆かつ繊細な攻めを可能にする強めのベイトフィネス。X45コブラシールドなど、最新技術で生まれ変わった ...
ダイワ の スティーズ SC 6111M/MHRB ファイアウルフ のインプレをレビュー!スティーズ ファイアウルフは、川村光大郎プロが...
ビッグベイト用パワーロッドながら、ライトな底物もクイックで快適。ヘビーロッドなのに軽くて片手で取り回せる、極端な2面...
前作06キングボルトから11年ぶりにモデルチェンジしたダイワ スティーズ 681MLFS-SV キングボルト(以下、17キングボルト)で...

シマノ ロッド(ベイト、スピニング)

ポイズンアドレナ

ポイズンアドレナは、常に最新技術を投入され、進化を遂げているバスロッドです。
フラッグシップモデルに比べると入手しやすい価格帯で、最新テクノロジーの性能を手軽に体験できます。

ジャッカルとシマノの夢コラボによって誕生したポイズンアドレナ。初期モデルである前シリーズも革新的な技術を採用して評価...
シマノのバスロッド「ポイズンアドレナ 173MH-2」の実釣インプレをレビュー!173MHは、ビッグレイクバーサタイルと銘打たれた...
スペック 266L-2,全長1.98m,自重85g,適合ルアーウェイト3~10g,ライン3~6lb,テーパーFフルカーボンモノコックグリップやスパ...

エクスプライド

シマノのエクスプライドは、高い性能と実績、用途に応じたラインナップが魅力のモデル。
バーサタイルに使用できる機種も多く、実売価格が2万円前後なのもいいですね。

シマノの2017 NEW エクスプライド 164L-BFSの実釣インプレをレビューします!はじめてのベイトフィネスエクスプライド 164L-B...
シマノ 17エクスプライド168L-BFS/2の実釣インプレをレビュー!はじめて使ったベイトフィネスロッドのエクスプライド 164L-BF...
シマノ エクスプライド 172H (2017年モデル)のインプレをレビューします。カバー攻略も余裕なパワーロッドながら、繊細なル...
今年イチバン多用し、まだまだ使い続けるロッドがコレ!!シマノ スピニングロッド 17 エクスプライド 266Lです。様々な旧エ...
シマノ エクスプライド 265UL+のインプレをレビューします。265UL+は、シェイキングスペシャルという特徴的な性能を持ちつつ...

20ゾディアス

比較的購入しやすい価格帯ながら、世界で通用するグローバルスタンダードなバスロッド。
2020年のフルモデルチェンジで、粘りのあるブランクス特性のままダルさが解消され、カーボンモノコックグリップやKガイド採用など最新スペックが魅力です。

2020年にフルモデルチェンジしたシマノのバスロッド「20ゾディアス」。グローバルスタンダードモデルとして、ハードユースな...
手元に走る稲妻の如く、水中の異変を素早く感知するカーボンモノコックグリップ。世界が認めたグローバルスタンダード、新生Z...
2020年にシマノから発売されたバスロッド「20ゾディアス」。旧モデル同様に、実売価格が1万円台という比較的手に入りやすいス...
シマノから2020年に発売された20ゾディアス264UL-Sのインプレをレビュー!昨年大流行したホバストや、夏場のサイトフィッシン...

ワールドシャウラ

ワールドシャウラは、バスフィッシングに用途を限定せず、他魚種も視野に入れたフリースタイルロッド。ルアーフィッシング全般に適したロッドとして、フラッグシップモデルに相応しい仕上がりです。

世界中の魚種を対象とするワールドワイドなバーサタイルロッドとして2018年にモデルチェンジした「ワールドシャウラ」。その...

スコーピオン

スコーピオンは、ワールドシャウラ同様、他魚種にも対応するフリースタイルロッド。ブルータイプと呼ばれる旧タイプのワールドシャウラに匹敵するタフさがあり、使いやすさと遠投性能が魅力のロッドです。

フリースタイルロッド「シマノ スコーピオン 2701FF-2」の実釣インプレをレビュー!スコーピオンはシマノのルアー用タックル...

ポイズンアルティマ 5ピース

シマノの最高峰バスロッド「ポイズンアルティマ」にまさかの5ピース版が登場。
単にハイエンドモデルをマルチピース化したのではなく、トーナメントスペックのロッドアクションを追求した故の5ピース設計に注目です。

2020年末、シマノの最高峰バスロッド「ポイズンアルティマ」に電撃的な新登場を果たした5ピースモデル。単にハイエンドモデル...
パワー系ロングバーサタイルモデル「ポイズンアルティマ 5ピース 174MH+-5」の実釣インプレをレビュー!多用途を意味するバー...
シマノのバスロッド「ポイズンアルティマ 5ピース 266L-5」を実釣インプレ!ポイズンアルティマは、シマノのバスロッドとして...

ゾディアス パックロッド

1万円台の実売価格で、バスロッドとして本格的なパフォーマンスを発揮するゾディアスは、海外でも通用するグローバルスタンダードモデル。
そのゾディアスに、5ピース(1部4ピース)のパックロッド版が登場しました。
北米市場からの要望で誕生した「ゾディアス パックロッド」は、丈夫で使いやすく、十分な実釣性能を兼ね備えている上に、手軽に持ち運べる携帯性が魅力。新しい釣りのスタイルが広がりそうな可能性に満ちています!

2021年秋冬の新製品として、シマノのバスロッド「ゾディアス」にパックロッド版が登場!ゾディアスパックとも呼ばれるシリー...

ダイワ リール

ダイワ ベイトリール

ダイワのバーサタイルベイトリールは、軽いルアーからビッグベイトのような重量級ルアーまでトラブルレスで使いやすいのが魅力。最新モデルは、トラブルの少ない特性のまま飛距離が向上しています。
ベイトフィネスや軽量ルアーに向いたリールが充実しているのも特徴。

ダイワ新型ベイトリール機「2021 アルファス SV TW」の実釣インプレをレビュー!20タトゥーラ同様、翌年モデルが12月に発売さ...
ダイワ新型ベイトリール「2021 ジリオン SV TW」の実釣インプレをレビュー!ジリオンといえば、タフなパワーモデルとして評価...
ダイワの新製品ベイトリール「スティーズ リミテッド SV TW (STEEZ LTD SV TW)」の実釣インプレをレビュー!スティーズ リ...
遠投性能に最適化・徹底チューニングされた「ハイパーロングキャスト」のベイトリール。その最新モデルとして2021年に発売さ...
2020年に登場したベイトフィネス専用リール「スティーズAIR TW」のインプレをレビュー!これまでにも数々のベイトフィネスリ...
ダイワのベイトフィネスリール「アルファスAIR TW」の実釣インプレをレビューします。アルファスAIR TWは、同じ2020年にベイ...
ダイワのスティーズCT SV TWを1年間使ってみたのでインプレをレビュー!最近、CT SVリールの出番が圧倒的に多いです。スティ...
ダイワのスティーズ A TWを使い込んだインプレを主張します!2017年春に発売後、1年ほど経過してから購入し、最も多用するリ...

シマノ リール

シマノ ベイトリール

シマノのベイトリールは、高い剛性と巻き心地の良さが特徴。
自伝車メーカーとして世界有数の技術力が光り、DCブレーキ採用機種はデジタル制御でキャスティングをコントロールします。
遠心モデルはキャストフィールが爽快で、釣り人のウデがそのまま反映される特性。

「シマノ 2020 メタニウム」の実釣インプレをレビューします!2020年にフルモデルチェンジした20メタニムは、完成度が非常に...
2021年、シマノの最高峰ベイトリール「アンタレスDC」がフルモデルチェンジしました。シマノのフラッグシップモデルとして、...
2021年に新登場したベイトフィネス用リール「シマノ SLX BFS」のインプレをレビューします!ベイトタックルで軽量ルアーやラ...
2021年に発売されたベイトリール「シマノ 21 カルカッタコンクエスト」のインプレをレビューします。「カルカッタコンクエス...
シマノ「 '16 アルデバラン BFS XG」のインプレをレビュー!'17 エクスプライド 164L-BFSと合わせて使い込んだ初め...
「シマノ '15メタニウムDC(Metanium DC)」のインプレをレビュー!歴代DCの中で最も長い付き合いになりそうな予感がし...

シマノ スピニングリール

シマノのスピニングリールは、大型ギアによる巻き上げパワーや、精密かつ頑丈な駆動構造が魅力。ギアとして高い耐久性を持ち、長く快適に使用できます。

かつては、ダイワのスピニングリールに比べてライントラブルが多い印象がありましたが、AR-Cスプールを採用する最近のモデルは劇的に使いやすくなっています。

シマノ スピニングリール「19ヴァンキッシュ 2500S」のインプレをレビュー!シマノのスピニングリールは、フラッグシップモデ...

 

その他 - 小物、ルアーなど

その他にも、ルアーや小物のインプレ・レビューも記事にしています。

コスパ最強のフロロライン、シーガー「フロロマイスター」のインプレッションをレビュー!フロロマイスターは以前から評判が...
ゲットネット×カルティバ(オーナーばり)の「ジャスターフィッシュ3.5インチ」のインプレをレビューします。ジャスターフィ...
大量の荷物を持って歩く場合、バックパックやリュックサックは大変便利なアイテムです。ですが、車でフィールドへ移動する事...
水の中に立ち込みながら釣りをするスタイル「ウェーディング」。ウェーディングの必須アイテムが、体や足元を防水する「ウェ...
フィッシングブランド「DRESS」からリリースされている「ホールディングショルダーバッグ マルチカム」は、米軍の最新装備に...

まとめ

バスフィッシング用のロッドやリールは、用途や目的に応じでさまざまな機種がラインナップされています。
また、年々新しい技術や製法、素材で進化し続けている事も見逃せません。

ただ、極論を言えば、使いこなして長所も短所もクセを把握し、手に馴染んだ道具こそが1番だと考えています。自分の体を延長する道具として、体感と一体化してくれたアイテムこそが、最高で最強と言えるかもしれません。

とは言え、新製品の新機能を存分に楽しむこともバスフィッシングの魅力。
また、これからバス釣りを初めてみようとする方や、壊れるまで使いきった道具の入れ替えなど、新しいアイテム購入はドキドキしますよね。
当サイトのインプレは、個人目線による使用感が中心ですが、何かの参考にしていただければ幸いです。

バス用タックルのランキング

バスタックルのランキングも記事にしているので、参考にしてみてください。
価格・性能・用途などを個人目線で分類しています。

※2021年3月12日更新いつかは欲しい!! 2021年現行ベイトリールのおすすめランキングを提案します!「バーサタイル」「ベイトフ...
※2021年3月12日更新いつかは欲しい!!バス釣り用、2021年現行スピニングリールのおすすめランキングを提案します!新しいスピ...
※2021年3月19日更新いつかは欲しい!! 「2021年 現行 バスロッド(ベイト、スピニング)」のおすすめランキングを提案します!...

おすすめの関連記事

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-その他
-

© 2021 俺のバス釣りタックル