ロッド

シマノ 2020 ゾディアス 268L インプレ | 王道のバーサタイルスピニングを使い込んでみた!

2020 ゾディアス 268L

2020年にシマノから発売されたバスロッド「20ゾディアス」。

旧モデル同様に、実売価格が1万円台という比較的手に入りやすいスタンダードモデルながら、新機能カーボンモノコックグリップを搭載している本格派!
スピニングモデルとして最初に選んだ番手は、ゾディアス2020年モデルの中でも使い勝手が良さそうで、人気が高いと思われる「268L」です。

シマノのLパワーなスピニングは、超フィネス特化というより、ライトリグを主体としたバーサタイルな性能で評価の高いモデル。
また、繊細な釣り全般で多用するスピニングロッドであれば、カーボンモノコックグリップの感度や使用感をより強く体感できると思い、この機種にしました。

発売直後に購入して以来、半年以上使い込んでみたインプレをレビュー!
「20ゾディアス 268L」が気になっている方は参考にしてみてください。

20ゾディアス 268L | 特徴と使い心地

2020 ゾディアス 268L

268Lを使い込んでみて感じた特徴や使用感を紹介します。

カーボンモノコックグリップの特徴

カーボンモノコックグリップは、リアグリップをカーボン一体成型で中空化した構造で、ロッドの軽量化と感度の向上に貢献しています。
つまり、従来のグリップ構造より「軽く」「高感度」になりました。

個人的には、シンプルな外観が仕上がり良くまとまっているゾディアスに、カーボンモノコックグリップのデザインはかなりスタイリッシュにマッチしていると感じていて、所有感がかなり高めです。

カーボンモノコックグリップの感度

感度については、ボトムをトレースしている場合でも、これは岩か?ここは泥底か?...といった事が、素人感覚でも分かりやすくなったように思えます。
「カーボンモノコックグリップ搭載ロッドを使っている」というプラシーボ的な釣り人の感覚も高まっているのかもしれませんが、他のスタンダードモデルなロッドよりメリハリのある情報が伝わりました。

実釣時に、カーボンモノコックグリップを直接手で握るような使い方はありませんが、ロッドに伝わる感度がリアグリップで反響して、手元が明確になっているイメージ。
ハイエンドロッドのような超高感度とは言えませんが、これまで水中のストラクチャーやボトム形状をあまり意識していなかった方にとっても、釣りの世界がワンランク広がるロッドに仕上がっていると感じます。

ロッドの長さ、レングス

「20ゾディアス 268L」の6フィート8インチという長さは、一般的なバーサタイルスピニングにしては少し長めです。
ですが、この少し長めのレングスによるキャスティングは爽快!
遠投性もグッと増したと感じました。

ストラクチャーの多い小規模フィールドでは竿の操作で狙ったコースをトレースしやすく、足元を狙いたい時は岸際から距離を置いてアプローチがしやすい長さになっています。

20ゾディアス 268L のハリ感

ゾディアスは、比較的中弾性な粘り重視のロッドと言われています。
しかし、「ハイパワーX」というアングラーの意図しない方向へのネジレを抑えるカーボン巻き付け技術によって、ブランクは割とハリのあるしっかりとした作り。

268Lは長めのレングスな事もあり、実際に使っている時は思っているよりシャキッとしたハリを感じます。
このシャッキっと感のおかげで、シャッドやミノー、小型トップといった軽量プラグをキビキビとアクションさせる操作性は快適!

ただ、1つデメリットとしては、極小ノーシンカーのような究極にフィネスなリグではロッドを曲げきれず、投げ難さを感じてしまう事もあります。
ですが、この機種で使用頻度が高くなる、総重量が3g~10gのリグやルアーであれば、とても気持ちよく爽快にキャスト可能。
ライトリグから軽量プラグまで、バツグンに扱いやすい使用感です。

使用ルアーやおすすめリグ

このロッドで実際によく使用するルアーやリグを紹介します。

シャッド/小型ミノー

5g~7g程度の小型プラグの使用感はかなり爽快です。
ロッドのハリ感で巻き抵抗も軽減され、しっかりとアクションを加えることが可能。
また、適度なレングスのおかげで、護岸際の石積みや葦際のギリギリのコースを思い通りにトレースしやすいと感じています。

3~5インチまでのノーシンカーワームなど

268Lは、ハリがありつつも、Lパワーアクションらしくティップが素直に曲がり込みます。
キャスト時に軽量ルアーの重みを乗せやすく、3.5~5インチ程度の高比重なストレートワームをノーシンカーで扱いやすい特性。

ノーシンカーだけでなく、ネイルリグやネコリグなど、様々なワームを使えるので、とにかくまずは1匹釣りたい場合に最適なロッドだと言えますね。

ライトキャロ

ライトキャロを使用した場合、ハリのあるロッドでボトムの障害物をうまく乗り越えながら、カーボンモノコックグリップに反響されて手元に伝わる地形変化やバイトを感知しやすいと感じました。
長さによる操作性もバツグンで、20ゾディアス268Lに最適なリグだと言えます。

特に、レッグワーム2.5インチを使った3.5gライトキャロはフィールドや季節を問わずによく釣れるので、自分の中では1番のヒットリグです。

その他

その他にも、バーサタイルスピンな268Lは、次のような様々なリグが快適に使えます。

  • 1.8g前後のネコリグ/ジグヘッドワッキー
  • 2.7gまでのダウンショット
  • 虫系ワーム
  • 沈む虫系ワーム
  • 小魚系ワームのミドスト
  • ウェイテッドフックを使った小型のシャッドテールワーム

20ゾディアス 268L 性能・スペック

最後に、「2020 ゾディアス 268L」のスペックを記載しておきます。
センターカット2ピースモデルの「268L-2」もラインナップされているので、携帯性を優先される方にはおすすめ。持ち運びにも便利です。

公式サイト

2020 ゾディアス 268L

品番 全長 継数 仕舞寸法 自重 先径 適合ルアー 適合ライン グリップ長 テーパー カーボン含有率 定価(円)
268L 2.03m 2※ 177.2cm 97g 1.5mm 3~10g 3~6lb 208mm F 100% 18,700
268L-2 2.03m 2 104.2cm 95g 1.5mm 3~10g 3~6lb 208mm F 99.4% 19,300

※ワンピースシリーズの継数2は、グリップ部分を着脱可能な「グリップジョイント」

1ピースモデルは、グリップ着脱式のバットジョイントモデルですが、使用している限りデメリットと感じる要素はほとんどありません。
ブログ用に写真を撮影する時に、改めてグリップジョイントであることを思い出したくらいです(笑)

あえてデメリットを挙げるとすると、グリップ着脱式ではなく、完全な1ピースロッドであればあと3g程度は軽くできたのでは?と思えます。ただその場合は、カーボンモノコックでリアグリップが軽量化された分のバランス等が取りにくかったかもしれません。
またイザという時は、バットジョイント部分を分離させる事で収納性もアップするので、これはこれでアリだと思います。

まとめ

20ゾディアス 268L は、カーボンモノコックグリップといった最新技術と、派手過ぎずスタイリッシュなデザイン性を兼ね備えた完成度が高いバスロッド。
PEラインも快適に使えるKガイドを採用するなど、現行の最新モデルが実売価格1万円半ば程で手に入るコストパフォーマンスは魅力です。

特に268Lは、スピニングモデルとして高いバーサタイル性と、投げやすさ・操作性の高さで万人が使いやすい1本。

岸釣りなどでタックル数を絞りたい時にも役立ちますし、ボートに1本あれば汎用的に使いまわしが効くので重宝します。
スピニング1本でオカッパリをランガンする場合にもいいですね。

ベーシックなスタンダードモデルながら、そのスペックは本格的。
これからバス釣りを始めたい入門者は勿論、ライトリグを練習したい方や、最新機種を手軽に購入したいベテランアングラーまでおすすめです。

20ゾディアス 268L に合うリール

バーサタイルスピニングとして幅広く使える20ゾディアス 268Lには、最新リール「ヴァンフォード 2500S」が最適。
赤の差し色がゾディアスとマッチするのもいいですね。

ヴァンフォードは、これまで上位機種でしか採用されていなかったロングストロークといった最新テクノロジーを採用し、ハイエンドモデル同等のローターを搭載するなど、非常にコストパフォーマンスに優れたリール。
実売価格が2万円前半となりますが、飛距離の向上や強い巻き心地、トラブルレスな性能と耐久性で評価の高いおすすめモデルです。

また、2万円台後半と少し価格がアップしますが、2021年に新登場する「コンプレックスXR 2500 F6」も有力候補。
高負荷でのドラグ性能に優れたリジッドサポートドラグを搭載し、スピーディーにドラグ調整可能なバスフィッシング専用チューニングが魅力です。

2020 ゾディアス のラインナップ

その他の20ゾディアスについては、次の記事も参考にしてみてください。

2021年2月17日更新2020年にフルモデルチェンジしたシマノ NEW ゾディアス。1万円代という価格ながら、トッププロや海外での評...
手元に走る稲妻の如く、水中の異変を素早く感知するカーボンモノコックグリップ。世界が認めたグローバルスタンダード、新生Z...
シマノから2020年に発売された20ゾディアス264UL-Sのインプレをレビュー!昨年大流行したホバストや、夏場のサイトフィッシン...

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ロッド
-, ,

© 2021 俺のバス釣りタックル