ロッド

シマノ スコーピオン ロッド | おすすめ機種の厳選ラインナップ

シマノ スコーピオン ロッド

バスロッドとして、長きにわたり愛され続けてきた「スコーピオン」。
多様化する今の時代、対象魚種を特定しないジャパンスタイルのトラベルロッドとして、2019年にフルモデルチェンジし、その稀有な存在感が増しています。

ただ、その対象とする魚種や用途のあまりの多彩さに、選ぶことが難しいロッドになっているのではないでしょうか。

そこで本記事では、特にバス釣り用として最適な「スコーピオン ロッド」のおすすめ機種を厳選して紹介します。
バスロッドとして、または他魚種を含めたマルチな釣り用として、スコーピオンのロッドを検討されている方は、参考にしてみてください。

スコーピオン ロッド | 特徴と魅力

シマノ スコーピオン ロッド

「スコーピオン ロッド」は、最新の技術と製法でフルモデルチェンジを繰り返してきた歴史あるルアーフィッシングロッド。
バスフィッシング用ロッドとしても、長年数々のブームを支えてきたシリーズです。

多様化した2つの軸

「スコーピオン」は、ルアーロッドとして原点に忠実な設計。
ただその忠実すぎる設計は、多様化した今のバスフィッシングにおいては異端児なのかもしれません。昔からのフィッシングスタイルに対してはより快適に進化しながらも、繊細なシェイクやピンポンでの感度といった今風のメソッドにはやや不向きな特性と言えます。

もう1つ多様化したものとして、ルアーフィッシングの対象魚が挙げられます。
世界中の怪魚を釣り上げるブームもあり、国内でもシーバスやトラウトといったバス以外のルアーフィッシングが盛んです。クロダイ(チヌ)やアカメなどのルアーフィッシングも流行っていますね。
スコーピオンの昔から変わらないルアーロッドとしての使いやすさは、これらの対象魚に対しても有効です。

そうした背景もあり、スコーピオンは対象魚を厳選しない「フリースタイル」としてフルモデルチェンジ。
現行のスコーピオン ロッドは、多様化するバスフィッシングに最適化するのではなく、広がるルアーフィッシングニーズに応じた進化を遂げていると言えます。

トラベルロッド

スコーピオンのラインナップは、2ピースモデルと5ピースのパックロッドに分類されます。

2ピースモデルは、「ワンアンドハーフ」と呼ばれる仕舞寸法130㎝の仕様。遠征先や海外への郵送などに便利なサイズです。
ワンアンドハーフは、ロッド中央のセンターを分離する2ピースではなく、穂先側を130cmギリギリまで確保することで、1ピース目の竿調子をシームレスに設計。2ピース目は、強さとパワーが必要なバット部分を中心に構成し、素材と設計を専用化することでより特性に応じたロッドに仕上がっています。

5ピースモデルは更に小型化。仕舞寸法42.5~47.6cmというコンパクトさで、手荷物としてバッグの中に収める事が可能。また、バーチカルなジギング操作を可能とするエクステンションバッド(別売)に対応している点も魅力です。

2ピースも5ピースモデルも輸送や携帯を考慮した仕様になっていて、かつ魚種を問わないフリースタイルなスコーピオンだからこそ、フィールドを問わないトラベルロッドとして成立していると言えそうですね。

メリットとデメリット

バス釣りに使う場合、スコーピオンのメリットはその使いやすさ。主に次の3つに集約されます。

  • 幅広い色々なルアーを使える
  • 狙った場所にバシッとキャストが決まる
  • ビッグバスとのファイトを受け止めるロッドの曲がりとパワー

幅広いルアーを使える

スコーピオンは、穂先やベリーがキャスティング重視の柔軟性を持っている為、比較的軽めのルアーでも快適に使えます。その上で、ブランクス自体の芯が強く、バットパワーも頑強なので重量級ルアーも余裕。

バスロッドとしては、非常に幅広いルアーを使える特性になっています。

ビシッとキャストが決まる

スコーピオンのブランクスは、様々なルアーの重みをしっかりと捉え、余分な力を込めることなくスムーズな反発力でキャストが可能。

さらに、投げやすいブランクでありながら、ブレが少なく、ポイントを正確に撃ち抜くキャスタビリティを実現しています。

ファイトを受け止めるロッド

スコーピオンはかなりバットが強めですが、ロッド全体がよく曲がり、粘りもあるので、大物が掛かっても対応する余裕が生まれます。

どちらかといえば、掛け調子な特性では無いので、思いっきりフルフッキングでガッチリ魚を捕らえる使い方が良さそうですね。粘りのあるブランクスがラインの負荷を分散しながら受け止め、バットの反発力でフッキング、その後はロッドの曲がりがどこまでも魚に追従するイメージ。
この特性は、バット部分を別ピースで分離した事による素材や設計の最適化も効いていると感じます。

スコーピオンのデメリット

そうしたメリットの反面、ネコリグやスモラバのシェイク、ボトム状況を繊細に感知するといった最近のバスロッドのような特性は控えめ。最新メソッドに最適化されたロッドではありません。
ソフトベイトであっても、ノーシンカーでステイさせる、ロッドワークでソフトジャークベイトを動かす、ノーカンジでストレートリトリーブする、といった昔から他魚種でも使われてきた手法は効果的ですが、一般的なバス用フィネスのアプローチはやや不得意です。
できない訳ではありませんが、他の専用バスロッドのような操作性に弱い所がデメリットと言えます。

難攻不落なポイントを粘って粘って攻略するのではなく、活性の高いフレッシュな魚をどこまでも(場合によっては海外へも)探し求める、それがスコーピオンの特徴と言えるでしょう。

1581F-2, 15101F-5 | アキュラシー重視のベイトロッド

スペック1581F-2, 全長(m)1.73, 継数(本)2, 仕舞寸法(cm)130, 自重(g)115, 適合ルアーウェイト(g)5~20, 適合ラインナイロン(lb)8~16, テーパーF
スペック15101F-5, 全長(m)"1.78, 継数(本)5, 仕舞寸法(cm)42.5, 自重(g)115, 適合ルアーウェイト(g)(ジグウェイト(g))5~20(MAX80), 適合ラインナイロン(lb)8~16, 適合グリップA, テーパF
対象魚ブラックバス、ピーコックバス、ボートシーバス/シーバス、ソイ/アイナメ/グルーパー、ネイティブトラウト

「1581F-2, 15101F-5」は、シマノの伝統的なベイトキャスティングロッド。
バスロッドとしては短い印象がある6フィート未満のロッドですが、ショートレングスから弾き出されるキャストフィールは爽快の一言。シングルハンドでのシャープなキャストが、オーバーハングのカバーに対して低弾道で決まりやすいアキュラシー性能を発揮します。

小型トップウォーターから1/2ozスピナーベイトまで幅広いルアー全てが快適で、短くしなやかなブランクスは、ジャーキングやトゥイッチといったロッドワークも秀逸。
バイトに対してフルフッキングすることで、シングルフックは魚の上顎を貫き、トレブルフックは絡みつくようなフッキングで魚を捕らえ、十分に曲がるブランクスがバラシにくいファイトを展開します。

5ピース版もラインナップされていて、こちらはグリップがやや長め。両手を添える事で、より精度の高いキャストを狙うことができます。

「1581F-2, 15101F-5」は、ベイトタックルによるキャスティングがとにかく楽しくなるロッド。スコーピオンロッドを初めて手にする方に、是非1度使っていただきたいモデルです。

1631FF-2 | フリースタイルのベイトフィネス

スペック1631FF-2, 全長(m)1.91, 継数(本)2, 仕舞寸法(cm)130, 自重(g)115, 適合ルアーウェイト(g)4~16, 適合ラインナイロン(lb)8~14, テーパーFF
対象魚ブラックバス、クロダイ、桂魚、パーチ、クラッピー、ライトロックフィッシュ、エリアトラウト

「1631FF-2」は、フリースタイルという他魚種ジャンルにおけるベイトフィネスロッド。
小型プラグやジグヘッド、ノーシンカーといった軽量ルアーを、柔軟なティップアクションで巧みに操り、タフな魚を攻略します。

1631FF-2は先調子のFFアクションながら、ベリーまでグニャリとしなやかな特性で、繊細でシャープなライトリグ操作に長けたバス専用ベイトフィネスとは異なる味付け。
ラインテンションを張らずにノーアクションでリトリーブする、小型プラグのジャーキングやトゥイッチ、ノーシンカーを漂わせる、底物をズル引きする、そういった魚種を問わない万国共通アクションに向いたロッドと言えます。

フィールドを問わず、ベイトタックルでライト寄りな小型ルアー全般を気持ちよく使いたい方におすすめなロッド。ライト寄りなアプローチで掛かった大物を、しっかり受け止め切れる粘り強いパワーも1631FF-2の魅力です。

1652R-2, 1652R-5 | 色んなルアーを使える万能ベイトロッド

シマノ スコーピオン ロッド

スペック1652R-2, 全長(m)1.98, 継数(本)2, 仕舞寸法(cm)130, 自重(g)127, 適合ルアーウェイト(g)7~28, 適合ラインナイロン(lb)12~22, テーパーR
スペック1652R-5, 全長(m)"1.98, 継数(本)5, 仕舞寸法(cm)47, 自重(g)130, 適合ルアーウェイト(g)(ジグウェイト(g))7~28(MAX130), 適合ラインナイロン(lb)12~22, 適合グリップB, テーパR
対象魚ブラックバス、ザンダー、ボートシーバス/シーバス、キャットフィッシュ、ソイ/アイナメ/グルーパー、ライトジギング/ジギング(1652R-5にエクステンションバッド使用時)

「1652R-2, 1652R-5」は、使えるルアーが非常に幅広い万能ベイトロッド。
スピナーベイトやクランクやバイブレーション、ロッドワークを駆使するジャークベイトやトップウォーター、ラバージグやテキサスリグといった底物まで、様々なルアーを気持ちよく扱うことができます。
高弾性ロッドのようなハリの強さやキンキンな感度はありませんが、投げて・巻いて・ピンポイントにジグを落とす・ボトムをテキサスでトレースする、といったルアーフィッシングの基本が凝縮。

バスフィッシングを含む、さまざまな釣りをベイトロッドで始めたい方におすすめの1本です。

1703R-2 | バランスの良いパワーロッド

シマノ スコーピオン ロッド

スペック1703R-2, 全長(m)2.13, 継数(本)2, 仕舞寸法(cm)130, 自重(g)147, 適合ルアーウェイト(g)10~40, 適合ラインナイロン(lb)14~30, テーパーR
対象魚ブラックバス、ピーコックバス、バラマンディ、ドラド、ボートアカメ/アカメ、フロリダバス、ビッグトラウト/ボートトラウト、キャットフィッシュ、ソイ/アイナメ/グルーパー

「1703R-2」は、パワーロッドを好むアングラーに人気が高い番手です。
ラバージグやテキサスといった底物から、ある程度重量のあるハードルアー全般に万能。
1/2ozを超えるスピナーベイトでも余裕で扱え、小型のビッグベイトやフロッグにもある程度対応し、遠投と操作性にバランスが良い丁度いい長さに仕上がっています。

遠投先で掛かった大物にも負けないロッドパワーがあり、快適なキャスティングでパワーフィッシングを楽しみたい方におすすめ。

17113R-2 | ロングキャストが快適なベイトロッド

スペック17113R-2, 全長(m)2.41, 継数(本)2, 仕舞寸法(cm)130, 自重(g)165, 適合ルアーウェイト(g)10~40, 適合ラインナイロン(lb)14~30, テーパーR
対象魚ブラックバス、ボートアカメ/アカメ、フロリダバス、ビッグトラウト/ボートトラウト、キャットフィッシュ、ソイ/アイナメ/グルーパー

「17113R-2」は、比較的最近に追加された番手ながら、定番機種として盤石の人気モデルになった機種です。高価すぎない価格帯のスコーピオンで、この人気番手がラインナップされたのは魅力ですよね。
17113R-2が持つ最大の魅力は、7フィート11インチという長さを裏切らない圧倒的な遠投能力。

「ロングロッド=遠投」は、分かりやすくイメージできる特性です。
ただ、17113R-2はそれだけではなく、しっかりとルアー重量を受け止めるレギュラーテーパーなデザインと、大口径ガイドによるライン放出性能によって、圧倒的に爽快なロングキャストを実現。
ボトムに対する感度適正もあり、ヘビキャロやテキサスリグ、ラバージグなどの用途に良さそうです。また、長さがあるので、穂先からベリーにかけて十分な柔軟性があり、中型~大型のハードルアーにも対応。
規模の大きなフィールドを攻略する場合、遠投という頼れる武器に加えて、高い汎用性も加味されている事は嬉しいポイントではないでしょうか。

バスロッドとしては長めなロッドですが、ワンアンドハーフの仕舞寸法は遠征時の持ち運びも楽。
「とにかく気持ちよく遠投したい!」そんなアングラーに手に取っていただきたい1本です。

1704R-2 | パワーロッドを超えるストロングベイト

スペック1704R-2, 全長(m)2.13, 継数(本)2, 仕舞寸法(cm)130, 自重(g)152, 適合ルアーウェイト(g)15~80, 適合ラインナイロン(lb)16~40, テーパーR
対象魚ブラックバス、ピーコックバス、バラマンディ、ドラド、ボートアカメ/アカメ、フロリダバス、キャットフィッシュ、ソイ/アイナメ/グルーパー

バス用とは思えない屈強なパワーロッドが「1704R-2」です。
磯場のロックフィッシュにも対応できるロッド全体のパワーは、カバーエリアでのラバージグやテキサスも余裕。

クセの無いレギュラーテーパーなので、底物以外の重量級ルアーにも対応し、ビッグベイトやフロッグ、ヘビキャロも軽く扱うことができるストロングロッドです。
カバーごと引き抜けるパワーがありながら、取り回しの良さと遠投性でバランスが良いレングスも魅力。

できるだけ使いやすいストロングロッドを探しているに最適なロッドです。

2701FF-2 | 繊細なティップのロングスピニング

スペック2701FF-2, 全長(m)2.13, 継数(本)2, 仕舞寸法(cm)130, 自重(g)120, 適合ルアーウェイト(g)4~14, 適合ラインナイロン(lb)4~10, テーパーFF
対象魚ブラックバス、ザンダー、ボートシーバス/シーバス、ネイティブトラウト、リーフフィッシング、クロダイ、桂魚、パーチ、ライトロックフィッシュ(2020.09.02追記 シマノ公式サイトの適合表がブラックバスのみとなっていましたが、サポートに確認したところ記載漏れとの事でした)

「2701FF-2」は、繊細なティップを備えたロングレングスのスピニングロッド。
バス釣りを楽しみながら、シーバスやクロダイやトラウトにも対応できる番手として、非常に人気のあるモデルです。

スコーピオンの中では繊細なティップ操作に向く番手であり、ロッド全体を活かしたパワーは力強いフッキングを可能にする、緩急を極めた名竿。
長さがあるので、河川や規模の大きなフィールドにも相性が良く、それでいて取り回しにも適度なバランスで、丁度いい仕上がりと言えます。

スコーピオンのスピニングモデルでバスフィッシングを楽しみたい方におすすめの1本。

2651R-2, 2651R-5 | ライトバーサタイルなスピニングロッド

シマノ スコーピオン ロッド

スペック2651R-2, 全長(m)1.98, 継数(本)2, 仕舞寸法(cm)130, 自重(g)117, 適合ルアーウェイト(g)5~15, 適合ラインナイロン(lb)5~12, テーパーR
スペック2651R-5, 全長(m)"1.98, 継数(本)5, 仕舞寸法(cm)47.6, 自重(g)117, 適合ルアーウェイト(g)(ジグウェイト(g))5~15(MAX60), 適合ラインナイロン(lb)5~12, 適合グリップC, テーパR
対象魚ブラックバス、ボートシーバス/シーバス、ネイティブトラウト、桂魚、パーチ、ライトロックフィッシュ、エリアトラウト、ライトジギング/ジギング(2651R-5にエクステンションバッド使用時)

「2651R-2, 2651R-5」は、幅広い釣りに対応したライトバーサタイルなスピニングロッド。
小型ハードプラグやノーシンカーやジグヘッドといった軽量ルアー全般を快適にキャストできます。

バス用のフィネススピニングとしてはやや強めで、キャスト重視のレギュラーテーパーな事もあり、ピンポイントをシェイクを誘うような使い方にはやや不向き。ですが、キャスティングをはじめとして、リトリーブやロッドワーク操作は気持ちよく、高比重なノーシンカーをピンポイントに落とすような用途にも最適。

フィネスな誘いではなく、狙ったポイントやコースへの正確なアプローチを重視したい方におすすめの1本です。汎用性が高いので、5ピース版を持っておけば、さまざまな場所でいろいろな釣りを楽しめそうですね。

2600FF-5 | フリースタイルのフィネススピニング

スペック2600FF-5, 全長(m)"1.82, 継数(本)5, 仕舞寸法(cm)44.6, 自重(g)110, 適合ルアーウェイト(g)(ジグウェイト(g))2~8(MAX40), 適合ラインナイロン(lb)3~8, 適合グリップC, テーパFF
対象魚ブラックバス、ネイティブトラウト、桂魚、パーチ、クラッピー、ライトロックフィッシュ、エリアトラウト、ライトジギング/ジギング(エクステンションバッド使用時)

「2600FF-5」は、魚種を問わないライトゲーム用のフィネススピニングロッドです。
スプーンやスピナー、スモールプラグといった、軽量ルアー全般をキャストしやすく、繊細なラインでもスイープなフッキングが可能。それでいてロッドの芯は強く、キレイに曲がるブランクス全体で魚とのファイトを楽しめます。

先調子のデザインですが、ロッド全体がかなり柔軟なので、穂先でリグをシェイクするような用途にはやや不向き。ですが、ラインに負担をかけにくいテーパーデザインは、フルキャスト・フルフッキングをライトゲームで楽しめます。

訪れたフィールドで軽めのルアーを使って思いっきり遊んでみたい人におすすめの1本。

まとめ

スコーピオンのロッドには、千差万別に多様化する近年バスロッドのような特化性能はありません。
ですが、バット部分には「スパイラルX」、穂先側は「ハイパワーX」を採用するなど、ブランクスの必要箇所に応じた個別設計が施されるなど、その製法は最新。
ガイドについても、ヘビーラインによるハードな用途でも耐えられる大口径で丈夫なステンレスフレームSiCを採用、スピニングモデルはKガイド搭載でPEライン使用時のトラブル軽減など、仕様を徹底。
バスロッドとしての専門性は薄れるものの、こうした最新かつ徹底した技術と製法をクセの無いテーパーデザインでまとめることによって、快適で精度の高いキャスト性能を実現しています。

かつてハイエンドモデルであった、ブルータイプと呼ばれる旧ワールドシャウラ同等と謳われる程その性能は高く、現在の幅広い魚種に対するルアーフィッシングにおいては上回っている部分さえあると言えるのではないでしょうか。

バスロッドとして万人におすすめできるシリーズではありませんが、ルアーフィッシングという原点に立ち返って遊んでみたい人や、さまざまな釣りで楽しみたい方にとっては最良の選択肢。
トラベルロッドとしての高い汎用性は、さまざまな可能性を広げるキッカケとなってくれそうですね。

  • 1581F-2, 15101F-5:アキュラシー重視のベイトロッド
  • 1631FF-2:フリースタイルのベイトフィネス
  • 1652R-2, 1652R-5:色んなルアーを使える万能ベイトロッド
  • 1703R-2:バランスの良いパワーロッド
  • 17113R-2:ロングキャストが快適なベイトロッド
  • 1704R-2:パワーロッドを超えるストロングベイト
  • 2701FF-2:繊細なティップのロングスピニング
  • 2651R-2, 2651R-5:ライトバーサタイルなスピニングロッド
  • 2600FF-5:フリースタイルのフィネススピニング

スコーピオンに合うリール

スコーピオンのベイトロッドには、バーサタイル用途であれば「19アンタレス」、遠投メインなら「アンタレスDC」がおすすめです。
ですが、やはりベイトリールも「スコーピオン MGL」がよく似合い、カラーマッチングを含めて捨てがたい候補。バーサタイルな性能も良好で、特に太めのラインを使ったパワーフィッシングが快適です。20lb以上のナイロンラインも快適に取り扱えるコストパフォーマンスの高いモデル。

ベイトフィネスには、ズバリ「スコーピオンBFS」がおすすめ。トータルスペック的には「アルデバランBFS」ですが、スコーピオンBFSにはガッシリとした剛性感があり、ロッドにもよく合います。

スピニングロッドには、ジャンルを問わない基本性能が向上した「19ストラディック」がおすすめ。バスフィッシング用途には、2020年9月にリリースされる「ヴァンフォード」も要チェックで、赤色の差し色もマッチしそうです。

現行リールやロッドのランキングも記事にしているので、参考にしてみてください。

いつかは欲しい!! 2020年現行ベイトリールのおすすめランキングを提案します!「バーサタイル」「ベイト...
いつかは欲しい!!バス釣り用、2020年現行スピニングリールのおすすめランキングを提案します!新しいス...
いつかは欲しい!! 「2020年 現行 バスロッド(ベイト、スピニング)」のおすすめランキングを提案します...

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ロッド
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル