ロッド

バス釣りだってOK! | ダイワ : 7 1/2 (セブンハーフ) 新登場!!

ダイワ セブンハーフ

出典:DAIWA

ダイワから新製品のニュース!!
新しいロッドがダイワから登場します。

その名も「セブンハーフ」。
7 1/2 と書いて、セブンハーフ? ナナンハン? Seven Half? ..呼び方は何でもいいらしい。

その正体は、4ピースのショア用マルチルアーロッド。つまり、海辺の岸からルアーフィッシングを楽しめるロッドですね。

なんだ、ソルト用か...と思いきや、しっかりと「バス」「トラウト」「ナマズ」が対象魚として記載。
マルチピースで「バス対応」の「ソルト用ロッド」なら、興味でてきますやん!

セブンハーフの特徴 | ショアでもオフショアでも、川でも湖でも、どこでもオッケー

セブンハーフは、7フィート6インチのスピニングロッド。
ULパワーからHパワーまで、一気に6機種ラインナップされます。

その最大の特徴は、どこでも自由に使える事。
4ピースのコンパクト設計なので、車に積んでおいても良し、電車で持ち運んでも良し、キャンプの荷物に忍ばしておくこともできます。

海でも川でも湖でも、場所を選ばずにルアーフィッシングが楽しめる設計!
海についても基本はショア(岸)用ですが、オフショア(船)でも使っちゃっていいよ~って自由なコンセプトのようです。

セブンハーフのラインナップと対象魚

出典:DAIWA

セブンハーフのラインナップは全6機種。それぞれの対象魚やスペックは次の通りです。

自分的には、流れの強い河川のバス釣り用に、76LSや76MLSが気になっています。

品名 対象魚
バス トラウト ナマズ シーバス エギング アジ、メバル 小型青物 ロックフィッシュ クロダイ
76ULS-S - - - - - -
76LS - - -
76MLS -
76MS - -
76MHS - - -
76HS - - - - - -

◎:メインターゲット、○:サブターゲット

品名 自重(g) 先径(mm) 元径(mm) ルアー重量(g) エギサイズ(♯) 適合ラインナイロン(lb) 適合ラインPE(号) カーボン含有率(%)
76ULS-S 85 0.8 9.9 1-7 - 2-6 0.15-0.4 95
76LS 94 1.2 10.4 3-15 - 3-8 0.4-0.8 95
76MS 101 1.3 10.8 7-25 2.5-3.5 6-12 0.6-1.0 97
76MS 114 1.6 11.4 10-30 3.0-4.0 10-20 0.8-1.2 98
76MHS 123 1.8 11.9 15-40 3.5-4.5 12-25 1.0-1.5 97
76HS 133 2 12.4 15-50 - 12-25 1.0-2.0 98

共通仕様:全長229m、継数4本、仕舞63cm、メーカー希望本体価格38,800円

どこでもOK! | 幅広い使用用途の秘密

いろんな対象魚がいて、どこでも釣りが可能な「セブンハーフ」。
その幅の広い用途を実現する秘密は、気軽に使えて、丁度いい。クセが無くて、懐が深い。そんな絶妙な設計にあるようです。

その1:7.6フィートという長さ

セブンハーフという名前の由来となる7.6フィートという長さは、色々丁度いい長さみたいです。
バス用としては長め、トラウトやロックフィッシュ用としてはドンピシャ、シーバスやエギング用には少しだけ短め。

つまり、あらゆる釣りに応用できる丁度いい長さと言えます!

その2:マルチピース - 4ピース

7.6フィートという長さがありながら、4ピースのパックロッドなので、仕舞寸法が63cmというコンパクトさ。
どこでも手軽に持ち運べるのがセブンハーフの魅力!

「釣りに行くゾ!」と気合十分に準備しなくても、「遊びに行くのにとりあえず持っていこう♪」という気軽さ。
どこにでも持っていけるこの手軽さが、結果的にどこでも釣り出来る環境を生み出しそうですよね。

その3:クセの無いレギュラーテーパー

セブンハーフはクセの無いレギュラーテーパー。しかも長さがあるので、懐の深い竿調子を出しやすい構造。
バス用のワームやプラグは勿論、エギやミノーやトップウォーターなど、あらゆる魚種用のルアーが使いやすい設計になっています。

ここがすごいよ! | セブンハーフ

セブンハーフは、ロングレングスなのに非常に軽量。
海釣り市場の底力を思い知らされるような性能ですが、その他にも「何でもアリ」を支える技術が多数採用されています。

V-ジョイント(V-JOINT)採用!

出典:DAIWA

4ピースの継ぎ目には、ダイワ独自のバイアス構造なVジョイントを採用。
元々は鮎釣りや渓流釣り用に使われていた技術で、とにかく継ぎ目の曲がりがスムーズです。

最近のバス用2ピースロッドは、1ピースモデルと遜色ない性能ですが、キャスティング時などに若干の違和感も。
実釣性能に関係ない部分かもしれませんが、マルチピースなロッド程その差は大きいので、気持ちよく投げれる性能は嬉しいですよね。
バスロッドでは、ハートランドにしか採用されていない高評価の特選技術なので要チェック!
継ぎ目部分の見た目がキレイなのも最高です。

ステンレスフレームSiCでKガイド仕様

出典:DAIWA

PEを含む、あらゆるラインで存分に遊べます。

エアセンサーシートとコルクグリップ

出典:DAIWA

ダイワのハイエンドモデルに採用されていた高感度リールシートがセブンハーフにも使われています。
コルクグリップな点も嬉しい方が多いのではないでしょうか。

専用バッグ付き

出典:DAIWA

マルチピースのロッドはケースも重要。
セパレート構造でロッドが傷つきにくいのが嬉しい設計です。

ワールドシャウラやスコーピオンとの違い

ソルトやトラウトにも使えるバスロッドと言えば、シマノから「ワールドシャウラ」や「スコーピオン」がリリースされています。

セブンハーフとの違いは、セブンハーフはソルト用のショアロッドとして作られていて、その汎用性がバス釣りやトラウトにでも使えるイメージ。
ワールドシャウラやスコーピオンは、バスフィッシング用としてリリースされていながらも、その余りある性能が他魚種にも使えるように進化していったと言えます。

バス釣りメインのタックルで他魚種も釣りたい、なら「ワールドシャウラ」や「スコーピオン」。バスロッドは持っていて、追加でショア専用ロッドが欲しい。でも、旅行先などでバスやトラウトにも使ってみたい、といった用途に「セブンハーフ」は良さそうですね。

まとめ

「セブンハーフ」は、バス釣りを含め、いろんな釣りをもっとフランクに楽しみたい方におすすめのロッド。旅行やキャンプのお供に丁度いい性能ですよね。

また、海釣りでも使えるバスロッドは今までもリリースされていたと思いますが、ソルト用ロッドでバスやトラウトにも対応したケースは珍しいかもしれません。
バスフィッシングもやるけど、「ソルト用はやはり専用の道具で揃えたい」と考えておられる方には、このバスにも使えるソルト用ロッドがいいのではないでしょうか。

バス釣りはベイトタックルメインという方も、オールジャンルな釣り用に1本持っておくのもアリです。スピニングタックルの便利さを再認識するチャンスかもしれません。

真っ赤なブランクスは、遊び心をくすぐるデザイン。
自分の好きな釣りをもっと自由に楽しみつつ、新しい世界にチャレンジしてみるのも楽しそうですよね!

気になる発売日と価格

セブンハーフは2020年10月発売予定。
気になる価格は、定価で38000円実売価格で2万台円後半、ギリギリ3万円を切る位になるのではないでしょうか。決して安いロッドではありませんが、その分品質がしっかりしていて、あまり高すぎない価格設定が嬉しいですね。

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ロッド
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル