ロッド

コントロールしやすいパワーロッド | シマノ '17 エクスプライド 172H インプレ

シマノ エクスプライド 172H

シマノ エクスプライド 172H (2017年モデル)のインプレをレビューします。

カバー攻略も余裕なパワーロッドながら、繊細なルアー操作でテクニカルに扱える使いやすさ。現行エクスプライドの特性が凝縮された1本とも言える「エクスプライド 172H」の魅力に迫ります。

リーズナブルで高性能なパワーロッドとして「エクスプライド 172H」を検討されている方は、本記事を参考にしてみてください。

17 エクスプライド 172H - 特徴

グリップジョイントスペック 172H, 全長(m)2.18, 自重(g)125, 適合ルアーウェイト(g)12~42, 適合ライン(lb)12~25, テーパーF
センターカット2ピース 172H-2, 全長(m)2.18, 自重(g)127, 適合ルアーウェイト(g)12~42, 適合ライン(lb)12~25, テーパーF

エクスプライド 172Hは、ヘビーカバーに力強く対応できるパワーロッド。
ラバージグやテキサスリグといった底物は勿論、1ozのヘビキャロにも対応可能で、ビッグスプーンやスイムジグにも高適正な力強さに仕上がっています。
ファーストテーパーアクションのヘビーロッドですが、クセが無くしっかりと曲がり、使いやすいのも特徴。

前モデルのエクスプライド171Hから1インチ長くなり、Hパワーのシマノ製バスロッドで定番とも言える7.2フィート。見た目でハッキリと分かるほどバットが強化され、ブランクス全体が筋肉質にパワーアップ、それでいてパワーロッドとしては軽量で高バランスに仕上がっています。

また、センターカット2ピース版もラインナップされているので携帯性もバツグン。手軽に持ち運べるのが嬉しいですよね。

キャスティングとフッキング

エクスプライド172Hは、そのパワーに相応しいキャスト性能とフッキングパワーです。

キャストフィールとキャスタビリティ

エクスプライド 172Hは、ジグロッドとして相応しい重厚なロッドです。
一見硬そうな印象ですが、キャスティング時はルアーの重みで素直にブランクスが曲がり、鋭くブレの無いアキュラシーを発揮。ファーストテーパーなデザインは必要以上にロッドが曲がりすぎないので、近距離や中距離の撃ち物をコントロールしやすく、精度が得られやすいと感じました。
穂先に必要十分な柔軟性も兼ね備えているので、比較的軽めな12g以上のフロッグを撃ち込むにも最適。

先調子で遠投向けな特性ではありませんが、十分すぎるパワーがあるので、1ozのヘビキャロや中型以下のビッグベイト、スイムベイトや重量級ルアーにも対応。ヘビーカバー用ジグロットとしてメインに使いつつ、いざという時の汎用性も高い事がポイント。

撃ち物の精度が高いだけではなく、フルキャストでもブレが少なく、キャスタビリティ性能の良いロッドと言えそうです。

フッキング、バスとのファイト

何より特筆すべきは、そのフッキングパワー。
カバーにルアーをねじ込んだ先でのアタリを、強い反発力のあるロッドで強引に引き抜くフッキングがしやすいです。
魚を掛けてからは、ロッドが十分に曲がり、太いバットがそれをガッチリキープ。
カバー奥のバスをグングン寄せ付ける瞬間は、思わず声が出る程たまらなく爽快でした。

パワーゲームが楽しくなる1本

これだけのパワーを秘めながら、ヘビーロッドとしては取り回しのいい重量とバランス、繊細な操作性を兼ねているのも魅力。
難攻不落のカバーゲームが楽しくなるロッドです。

「あそこに絶対バスが居そう」と思いつつも、攻め切れないでいたポイント攻略にピッタリではないでしょうか。

感度

エクスプライド 172Hは、前モデルのエクスプライドに比べて若干ながら感度が向上していると実感しました。ロッド全体に適度なハリがあり、ガイドセッティングも絶妙で、ラインからの情報伝達は良好。
ハイエンドモデル程の超高弾性な感覚ではありませんが、カバーに突っ込んだリグの状態やアタリを的確にキャッチできます。

感度と言えば、エクスプライドよりリーズナブルな「ゾディアス」が2020年にモデルチェンジ。こちらも大幅に感度が向上していましたが、微妙な違和感をキャッチする能力はまだエクスプライド 172Hに分があると思います。

手元に走る稲妻の如く、水中の異変を素早く感知するカーボンモノコックグリップ。世界が認めたグローバ...

デザインと使用感、用途

エクスプライド 172Hの手触りと使用用途は次の通りです。

デザイン

エクスプライドのデザインは、派手な装飾は無く、シンプルかつスタンダード。極端な自己主張は少な目ですが、どんなリールやスタイルにも合わせやすい仕上がりですね。
前モデルに比べ、フォアグリップがコンパクトになったのが個人的にお気に入り。

また、カーボン素材CI4+で作られたリールシートは、ロッド本体がキャッチした感度を適度に反響させて手元に伝えてくれます。

7フィート越えのヘビーロッドとしては軽量(自重125g、2ピースで自重127g)で、それでいて手にしたバランスが良いのがポイント。最近の軽量なリールでも、がっしりとしたリールでも、使い心地の良い持ち感です。

使用感

ロッドの使用感は、ファーストテーパーらしく、穂先からベリーまで先端がスムーズに曲がります。バットパワーがかなり強めですが、決してガチガチではなく、穂先に動きと連動して絶妙に若干だけ曲がる特性。
ロッド全体に適度なハリがあり、曲がってからの復元力・反発力が強いのも自分好みな感じでした。特にフッキングが掛け調子にスパっと気持ちよく決まってくれます。

また、強いパワーの割に穂先が十分に機能しているので、重めのジグでも操作しやすく、シャープな誘いを仕掛ける事ができます。

使用用途

エクスプライド 172Hの使用用途は、特にカバーへの撃ち物が快適。パンチショットもテキサスも余裕でこなしてくれます。
また、水面までウィードが生い茂るようなハイシーズンには、PEラインを用いたフロッグゲームやパンチングに真価を発揮。
50lb程度のPEラインでウィードまみれのビッグバスを強引に引き寄せます。

加えて、ビッグスプーンやスイムジグなど、パワーと鋭い操作性が求められる用途にもベスト。重めの巻物やスイムベイト、ヘビキャロや中型以下のビッグベイトなどにも対応できるので、ヘビーカバー攻略に絶対必要なロッドながらの汎用性は重宝しますね。

まとめ

ウィードが生い茂るハイシーズンやカバーエリアの攻略には、絶対必要といっても過言ではないパワーロッド。
「エクスプライド 172H」は、性能と価格のバランスがよいパワーロッドの筆頭です。

どのシリーズにも言えますが、シマノのバスロッドは適合ルアー上限のパフォーマンスが高め。その為、必要以上ガチガチではなく、繊細な操作性を保ったまま、重量級ルアーを余裕で扱うことが出来ます。
「粘りのゾディアス」「粘りと感度のポイズンアドレナ」「圧倒的パワーのバンタム」「圧倒的感度のポイズングロリアス」と様々なシリーズがシマノにはあり、それぞれにヘビーロッドがラインナップされていますが、エクスプライドはそのど真ん中。
最もクセが無く、スタンダードな使い心地に感じします。

これから撃ち物を主体とした釣りを始めようとされている方、パワーロッドが必要な釣行を控えている方におすすめの1本。
とりあえず手持ちのヘビータックルとして、持っておいて損が無いモデルと言えます。

  • ヘビーカバーに負けない使いやすいパワーロッド
  • 強いパワーがあるが、操作性も高い穂先
  • ヘビキャロ、適合ルアー内のビッグベイト、ビッグスプーン、スイムジグにも対応

エクスプライド 172H に合うリール

エクスプライド 172Hに装着するリールは「2020 SLX DC」がおすすめ。
電子制御によるオートマチックなブレーキ力は、ライントラブルを軽減し、カバーゲームをストレスなく楽しめます。フロッグやパンチングなど、PEラインを使用する場合にもDCブレーキが優秀。

他には、完璧なベイトリールとして評価の高い「2020 メタニウム」もベストな選択肢です。
175gという軽量なバーサタイルベイトリールでありながら、真鍮製ギアに一体成型ボディというタフネス仕様。
手に持った際のバランスが良い172Hなら、こうした軽量リールにもマッチし、より快適なパワーゲームを展開できます。

現行ベイトリールのランキングも記事にしているので、参考にしてみてください。

いつかは欲しい!! 2020年現行ベイトリールのおすすめランキングを提案します!「バーサタイル」「ベイト...

エクスプライド 172MHとの違い、使い分け

パワーロッドの候補としては、同じエクスプライドの172MHがあります。
こちらはレギュラーファーストなテーパーで、1ozのヘビキャロやスイムベイトを爽快に遠投できるロッド。正直、キャスティング主体のゲームであれば、172Hではオーバーパワーな部分もあるので、エクスプライド 172MHの方がおすすめです。
ただ、近距離や中距離に撃ち込む釣りの場合、ファーストテーパーの172Hのアキュラシーは素晴らしく、ヘビーカバーに対するパワーも圧倒的。

大規模フィールドでヘビキャロや重量級ルアーのキャスティングメイン、時々カバーゲームなら「エクスプライド 172MH」。
ヘビキャロ等もやりつつ、カバーゲーム主体なら「エクスプライド 172H」がおすすめ。
真夏の琵琶湖など、ヘビーカバーを視野に入れる場合も「エクスプライド 172H」が必須と言えそうですね。

172Hと172MHは、2本共あって困らない、使い分けがキッチリできるロッドです。

エクスプライドのおすすめラインナップも記事にしているので、参考にしてみてください。

シマノのエクスプライドと言えば、2万円台という価格帯で最も主流なロッドではないでしょうか?性能の高...

2020 ゾディアス 172Hとの違い、使い分け

2020年にフルモデルチェンジしたゾディアスにも、同じ172Hという番手がラインナップされています。カーボンモノコックグリップ採用で感度が飛躍的に向上し、粘り重視のブランクスは非常に高パワー。

それでも、感度面は「エクスプライド 172H」の方が若干有利。ブランクスの反発力も強く、鋭い操作性や掛け調子のフッキングを望む場合も「エクスプライド 172H」がおすすめです。
逆に、粘り重視のブランクスで喰わせたり、バラしにくいロッド特性でバスとのファイトを望むのであれば「ゾディアス 172H」が向いていると言えます。

現行バスロッドのランキングも記事にしているので、参考にしてみてください。

いつかは欲しい!! 「2020年 現行 バスロッド(ベイト、スピニング)」のおすすめランキングを提案します...

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ロッド
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル