ロッド

ダイワ リベリオン 6101MHRB, 6102MHRB 紹介 & インプレ

ダイワ リベリオン

「ライトテキサスからビッグベイトまで万能」
2020年に登場した ダイワ リベリオンの中でも、ヘビーバーサタイルロッドとして位置付けられている 6101MHRB, 6102MHRBの紹介&実釣インプレをレビュー!

自分はセンターカット2ピースの6102MHRBを使っていました。

どんなロッド?

リベリオン6101MHRB, 6102MHRBは、オカッパリに向いたヘビーバーサタイルロッドです。
6フィート10インチという定番の長さと使い勝手の良さは、オカッパリだけではなく、ボートの釣りでも重宝しますね。
また今の時代、1ピースとセンターカット2ピースを選べるのも魅力です。

機種ごとに最適化されたリベリオンの感度

リベリオン662MLRBのインプレでも紹介しましたが、リベリオンシリーズは同価格帯の過去製品より感度がアップしています。
2万円前後の中堅機種としてはかなり高感度で、ポイズンアドレナやブラックレーベルと比べても、正直悩める高レベル!

自分はコレでスティーズ辞めました(笑)

勿論、スティーズの方が感度は上です。
ですが、他のメリット(価格・携帯性・デザイン)と比較した場合、十分満足できる性能。

ダイワ リベリオンは、底物用やフィネス用の番手がより高感度な印象があります。そうした感度特化機種に比べ、6101MHRB, 6102MHRBはややマイルドな印象。
同価格帯の従来機種に比べると十分高感度に感じますが、リベリン シリーズの中では、ハードルアー使用も視野に入れたバーサタイルな感度特性と言えそうです。

キャスティング | ブレずに決まる

リベリオンはキャスト時のブレが大幅に減少しています。

従来のハイエンドなダイワロッドと比較しても、狙った場所にキャストがバシバシ決まります。
これは、ネジレを抑制するX45カーボンシートに加え、最外層をブレーディングXで締め上げてるダブル構造による恩恵だと思います。
特にブレーディングXは、エアエッジやブレイゾンといった従来機種よりも密度が高く、ブランクスのネジレ防止に大きく貢献していそうです。

ただ、ネジレ防止が強まった分、キャスト時の柔軟さ・懐の深さは従来のダイワ機種よりピーキーに感じました。とはいえこれはすぐに慣れるレベル。ダイワのバスロッドが持つ懐の深さはしっかり残っています。

6101MHRB, 6102MHRBは、ルアー重量の下限から上限まで万能に投げやすく、十分な飛距離が出るのも嬉しいポイントですね。

使用感とデザイン | エアセンサーシートの持ち感

店頭で手に取ると、リベリオン6101MHRB, 6102MHRBには若干先重りがあります。

ですが、同価格帯のエアエッジと比べ軽量(6101MHRBで113g, 6102MHRBで115g)になった事と、ブレーディングXの密度アップでブランクスが重厚になったことを考慮すれば、十分許容範囲です。
セットするリールの重さは200g前後がベストマッチで、「タトゥーラ SV TW(190g)」や「スティーズA TW(190g)」が候補。これらのリールであれば、いい感じに全体のバランスが決まります。

また、軽量化に貢献しているエアセンサーシートですが、個人的には非常に気に入っています。手元への感度の伝わり方が明らかに明確で、全体的に引き締まっていて、持ち心地も良好。

リールシートが細くなったのでは?

と懸念を感じる方も多いと思いますが、シマノロッドのような細さではなく、高さが低くなったイメージです。手が触れる箇所の幅はあまり変わらず、シートが縦方向に細くなり、リールのパーミングが1段下がったような印象で非常に使いやすい仕上がり!

ロッド全体のデザインについては好き嫌いがありますが、派手なオレンジの装飾は上品にまとめられていて、チープな下品さはありません。
リベリオンに慣れてくると、装飾のないロッドが古くて地味に感じることすらあります。
また、同価格帯だった旧機種のエアエッジや、現行のシマノ スコーピオンロッドなどと比べても仕上がりは断然キレイで、安っぽさは感じられません。ハイエンドモデルに比べるとEVAグリップにやや中堅機種感がある事を隠せませんが、全体的には悪くないまとまりです。

用途 | 万能ヘビーバーサタイルに偽りなし!

トータルの使用用途としては、「ライトテキサスからビッグベイトまで万能」というダイワ(梅田京介プロ)の評価に偽りナシです。

1/2ozのスピナーベイトや1ozクラスの羽モノをフルキャストできるのは当然として、スティーズシャッド60SP SR(6.7g)を楽にロングキャストできた時は驚きました。
底物であれば3.5~5g程度のライトテキサスが快適で、レギュラーなテーパーデザインが巻物への対応性も広げています。特に1/2ozクラスのスピナーベイトは気持ち良すぎ!

ただ、1ozクラスのビッグベイトやスイムベイトに関しては、オーバーキャストでフルに投げられるものの、ロングディスタンスに精度を求められるほどパワーに余裕は感じられませんでした。底物の操作性も、3/8ozを超えて1/2ozあたりになるとダルく感じます。

ビッグベイト主体でフォローにテキサスやラバージグ...といった使い方なら、651XHSB-SBや691HFB-SBといったヘビーロッドの方が良さそうです。

それでも、1ozクラスを扱えつつ、1本でシャッドや軽めの底物といったライトな用途までカバーできる6101MHRB, 6102MHRBは便利すぎます。

自分はリールに「スティーズA TW」を合わせていますが、ルアー重量下限あたりの使い勝手を考えると、よりスプール径の小さい「20 タトゥーラSV TW 2020年モデル」も良さそうです。

最近のリールは性能が良くなっているので、次の記事も参考にしてみてください。

現行ベイトリール | おすすめ ランキング - 俺のバス釣りタックル
現行ベイトリール | おすすめ ランキング - 俺のバス釣りタックル

いつかは欲しい!! 2020年現行ベイトリールのおすすめランキングを主張します! 「バーサタイル」「ベイトフィネス」「遠投用」「巻物用」という4タイプに加え、最近よく聞く「パワーベイトフィネス」もラン

続きを見る

総評 | 時代が求めたリベリオン

6101MHRB, 6102MHRBは、尖ったモデルが多いリベリオンシリーズの中では中途半端な印象があります。しかしその万能なバーサタイル性は間違い無く、「特筆する箇所は無いが手放せない1本」に仕上がっています。
例えば、やや重めの巻物で攻めつつ、ヘビーダウンショットやライトテキサス等でフォローを入れる...といった事がコレ1本で成立。

今の時代、特に最近のオカッパリ事情を考えると、大型ルアーでのサーチやカバーエリアへの撃ちモノの重要性は高まっています。そうしたヘビーな用途を扱えつつ、ナーバスなバスに対しては軽めなリグで誘いをかけられる、6101MHRB, 6102MHRBはそんなヘビーバーサタイルロッドだと言えます!

その他にも、リベリオンには魅力的な番手が多数ラインナップされています。
今回紹介した6101MHRB, 6102MHRBをはじめ、おすすめの機種や注目の機種を記事にしているので、参考にしてみてください。

ダイワ リベリオン | おすすめ機種の厳選ラインナップ - 俺のバス釣りタックル
ダイワ リベリオン | おすすめ機種の厳選ラインナップ - 俺のバス釣りタックル

進化した感度とキャスト精度、2020年に新製品新シリーズとして登場したダイワのリベリオンは注目のバスロッド!ですが、ラインナップが豊富すぎて迷っておられる方も多いのではないでしょうか? 本記事では、リ

続きを見る

ダイワ リベリオン 662MLRB 実釣インプレ - 俺のバス釣りタックル
ダイワ リベリオン 662MLRB 実釣インプレ - 俺のバス釣りタックル

誇り高き“反逆者”たちのウェポン、リベリオン。聖なる剣は、野心的な若きトップガンたちが日々研ぎ澄ましていく。(ダイワ公式サイトより) 力の入ったプロモーションで2020年新製品としてデビューした ダイ

続きを見る

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ロッド
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル