リール

ダイワ スティーズ A TW インプレ

スティーズ A TW

ダイワのスティーズ A TWを使い込んだインプレを主張します!
2017年春に発売後、1年ほど経過してから購入し、最も多用するリールになりました。

スティーズA TW 購入の経緯

↑ 写真の下から、ギア比7.1、6.3、5.3を使用しています。

自分がメインに通うフィールドは、強風の中でロングキャストが必要となる状況が多いため、バックラッシュしにくいリールが理想です。
トラブルレスを重視するので、シマノ DCシリーズかダイワ SVスプールがベストな候補だと思っています。

加えて自分の場合、レギュラーサイズのルアーだけでなく、ライト寄りなリグも多用するので、扱えるルアー幅の広いSVスプールが合っています。
もしレギュラーサイズのルアーが主体であれば、ロングキャストにも重点を置けるDCシリーズの方が向くと思います(琵琶湖でのボートが多かったころはそうでした)。

こうした条件から以前の
ジリオンSV TWに不満はありませんでした!!

ただ....
スティーズのロッドにジリオンが若干合わない(見た目的に)と感じてしまったのです><

ダイワ スティーズ SC 6111M/MHRB 【ファイアウルフ】 インプレ - 俺のバス釣りタックル
ダイワ スティーズ SC 6111M/MHRB 【ファイアウルフ】 インプレ - 俺のバス釣りタックル

ダイワ の スティーズ SC 6111M/MHRB ファイアウルフ のインプレをレビュー! スティーズ ファイアウルフは、川村光大郎プロが監修した究極のバス用バーサタイルロッド。 スモラバから底物、巻

続きを見る

スティーズAの剛性感

スティーズのリールは、ダイワのフラッグシップモデルとして長年気にはなっていました。が、軽量を追求する故の華奢なイメージが強く、今まで手にする機会がありませんでした。

ところが!
スーパーメタル(高強度アルミ)でフレームとハウジングをガッシリ補強されたスティーズAがリリースされたことで、スティーズへのネガティブイメージが払拭!!
しかも、メタル製ボディでありながら190gと重すぎない自重、冬場でも冷たくならないコーティングは決定的に魅力でした!

残る問題は、スティーズAにはSVスプールではなく、飛距離重視なマグフォースZのスプールが採用されてる点です。
確かに、1/2ozを超えるプラグ等は気持ちのよい伸びを体験できましたが、ライト寄りなルアーを多用する自分にマグフォースZは合わない可能性がありました。

そんな問題点も…
SVスプールと互換性あるじゃん!..で解決‼

そうして、RCS SV スプールの1016 G1と1012 G1を購入。

これをスティーズAに装着したところ、
非常に快適!!!
...もうバス釣り用ベイトリール完成です。

デザインと使用感

まず最高に気に入ったのが、レバーのロックを解除するだけでサイドプレートを外せる点です。この機能があるおかげで、釣り現場でもワンタッチでスプール交換ができます。

スプールのラインナップが多いダイワのリールは、同じロッドでもスプール交換で次のような使い分けができます。

・メインの14lbと、ライト向けの10lb
・メインのフロロと、トップ系用のナイロン
・万が一のトラブルに備えた予備スプール

ロッド本数が制限されるオカッパリは勿論、ロッド本数を絞りたいボートの釣りでも、かなり重宝します。
個人的な感想ですが、想定したシチュエーションで特化しているシマノのバスロッドに対し、ダイワのバスロッドは使える用途に幅がある(その分特化していない)ので、スプール交換による使い分けがより発揮されると感じています。

ジリオンSV TWの場合、サイドプレートを止めるネジを兼ねていたダイヤルブレーキを、コインやドライバーで外さなければいけませんでした。
これはこれで十分対応可能なのですが、1度スティーズのスプール交換に慣れてしまうと、かなりストレスが高い作業になっていました(-_-;)
それが改善されるだけでも、スティーズAにして良かったと思っています。

キャスティングと巻き心地

スティーズAは、ジリオンSV TWの同様に34㎜径のスプールを持つベイトリールです。

当初、同じSVスプールを搭載すれば飛距離や投げやすさは同一で、価格差は質感にしか出ないのかな...と考えていました。

ところが、おなじSVスプールを載せた場合でも
何故かスティーズAの方が飛ぶ?!
気がします。

ハイエンドなリールを使っている気持ちの部分もあると思いますが、明らかにスティーズAの方が快適に感じています。もしかすると、本体の精度や剛性の高さがスプールの回転に影響しているのかもしれません。または、スプール位置など微妙な設計の違いがあるのかもしれません。

とにかく、巻き心地のブレのなさもジリオンSV TWよりスティーズAの方が圧倒的に高く、以前使用していたメタニウムDCなどシマノのベイトリールに迫るレベルにあると思います。

ただ、4mクラスのディープクランクを巻き続けるような状況だとジリオンSV TWの方が力強く感じました。3/8ozで3m程度潜るプラグを数時間巻く程度であれば、スティーズAでも全く問題なかったのですが、ギア比6.3のノーマルギアでDEEPX-300などを巻き続けるのは苦痛でした。

ですが今は、そんな悩みを解決すべく、
ギア比5.3のスティーズA TW 1016‐CCもラインナップされています!
こいつは本当にラクチンです。

あと違いとして、Tウィングのラインを抑える強さがジリオンSV TWより弱い気がします。
そのため、ラインスラックの扱いに若干の慣れが必要でした。数時間使えば全く問題がなくなるレベルですが、このあたりが飛距離などを調整した副産物なのかもしれません。

まとめ | 最高のバーサタイルリール

とにかくスティーズA、最高です^^
今年は気になる新製品も多いですが、現時点で選べるスプール数が多い事と、トラブルレスで使い慣れている分、スティーズAにまだ分があります。

・1012スプールで強めのベイトフィネス
・Mパワーのロッドでのバーサタイル
・太めのラインをマグフォースZに巻いてのヘビキャロやビッグベイト

主に ↑ のような使い方をしています!

以前、全てを満たすと感じていたジリオンSV TWをアッサリ裏切ってしまいました。

ダイワ ジリオン SV TW インプレ - 俺のバス釣りタックル
ダイワ ジリオン SV TW インプレ - 俺のバス釣りタックル

2017年新製品の話題ラッシュの中、少し的を外して「ダイワ ジリオン SV TW」のインプレをレビュー!このリール、昨年のフィッシングショーで個人的にイチバン注目した製品でした。 目次非の打ちどころの

続きを見る

現行ベイトリールのランキングも記事にしていますので、参考にしてみてください。

現行ベイトリール | おすすめ ランキング - 俺のバス釣りタックル
現行ベイトリール | おすすめ ランキング - 俺のバス釣りタックル

いつかは欲しい!! 2020年現行ベイトリールのおすすめランキングを主張します! 「バーサタイル」「ベイトフィネス」「遠投用」「巻物用」という4タイプに加え、最近よく聞く「パワーベイトフィネス」もラン

続きを見る

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-リール
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル