リール

2500S互換の汎用性が光る!! | 「シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG」 実釣インプレ

シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG ゾディアスとの組み合わせ

2020年末に登場したスピニングリール「シマノ ヴァンフォード」のインプレをレビューします。
ヴァンフォードは、繊細な釣りに求めらる軽量さ抜群のスピニングリール。手にした際の自重だけではなく、軽やかな動き出しと操作性、そして静寂性を兼ね備えたバランスの良さが魅力ですね。

実売価格が2万円台前半~中盤というミドルグレードながら、ハイエンドモデルにしか搭載されていなかった「ロングストロークスプール」採用による遠投性能を実現するなど、発売前から評価が高いリールでした。

ヴァンフォードには様々な釣り用途に応じた機種がラインナップされていますが、今回自分は「ヴァンフォード 3000MHG」を購入。コンパクトなスプールとローターで軽量化しつつも、4000番台ボディを採用したパワフルさが魅力の番手です。
シーバスのルアーフィッシング用として位置づけられているヴァンフォード3000MHGですが、2500SとC3000番台のスプールに互換性があるのが特徴。バス用スピニングとしてバーサタイルな「2500S」、エギング用の「C3000SHD」、淡水からソルトまで幅広い「C3000」など、非常に互換性が高いモデルと言えますね。

バス釣りでは、パワーフィネス用途で4000番台の巻き上げトルクを活かした釣り方が可能。スプール交換で十分ライトリグにも対応できます。
加えて、本来の用途であるシーバスを含む様々な魚種のルアーフィッシングにも流用可能な幅広さ。
その魅力や特徴を、実際に使ってみた印象を交えて紹介します。

20 ヴァンフォード 3000MHG | 仕様、性能、特徴

公式サイト

シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG

品番 ギア比 実用ドラグ力 最大ドラグ力 自重 スプール径/ストローク 糸巻量ナイロン(lb-m) 糸巻量ナイロン(mm-m) 糸巻量フロロ(lb-m) 糸巻量PE(号-m) 最大巻上長 ハンドル長さ ベアリング数 夢屋スプールタイプ 夢屋ハンドルノブタイプ 夢屋ハンドルタイプ 夢屋ハンドルスクリューキャップタイプ 夢屋リールスタンドタイプ 本体価格
3000MHG 5.8 3.5kg 9kg 200g 47mm/17mm 8-130,10-110,12-85 0.25-125,0.30-85 8-110,10-90,12-80 1-190,1.2-150,1.5-120 86cm 55mm 7/1 S-20 A H-11 HC-2 CandD 32,000円
2500S 5.3 2.5kg 4kg 175g 47mm/17mm 5-110,6-95,8-70 0.16-150,0.18-120,0.20-95 4-130,5-100,6-80 0.6-200,0.8-150,1-120 78cm 50mm 7/1 S-20 A H-11 HC-2 CandD 31,000円
C2500SHG 6 2kg 3kg 160g 43mm/13.5mm 5-110,6-95,8-70 0.16-150,0.18-120,0.20-95 4-130,5-100,6-80 0.6-200,0.8-150,1-120 81cm 50mm 7/1 S-27 A H-11 HC-2 CandD 30,500円

「20 ヴァンフォード 3000MHG」の主な仕様、性能・スペックは上記の通り。ヴァンフォードシリーズの比較対象として、バスフィッシング用途に最適な2500SとC2500SHGも記載しています。
シーバスフィッシングで汎用性が高いPEライン1.2号を150m巻けるキャパがあり、ハンドル1回転あたりの巻き上げ長が86cmと十分なスピード。
バス用途でも、1.2号のPEであれば少々のカバーにも対応可能ですね。
近距離用途ならそこまでラインキャパが必要ないので、1.5~2号を巻いてのパワーフィネスにも最適。巻き上げ速度が速く、加えてギア比5.8、更に4000番台の大型ボディによるトルクは、強引な釣りでアドバンテージになりそうです。

確かに、バスフィッシングのフィネス用としては、3000MHGの自重200gは決して超軽量とは言えません。ですが、4000番台のボディを採用するモデルとしては、ハイエンドモデルには及ばないものの十分軽量な方だと思います。
ヴァンフォードの中でも、バス用途でスタンダードな機種となる2500Sは自重175gなので、シリーズを通じて軽さと価格帯のバランスが良いスピニングリールと言えそうですね。

2500番台の他社製スピニングリールには圧倒的に軽量なモデルもありますが、そうした機種は1000番台の小型ボディを採用しているケースが多いようです。(1000番台ボディを採用するヴァンフォードC2000Sは自重150g)
ヴァンフォードは、ドラグを駆使するライトライン使用時でも魚の動きに対して主導権をとれるパワーがありつつ、その上で軽量化を施したスタンダードな設計だと感じました。

ヴァンフォードの採用技術・テクノロジー

シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG

ヴァンフォードには、次のような技術・テクノロジーが採用されています。
ハイエンドモデルにしか採用されていなかった「ロングストロークスプール」を筆頭に、「マイクロモジュールギアII」や「X プロテクト」といった最新テクノロジーが満載。使い勝手の良い軽量スピニングリールを構築する定番技術に加え、細かい所まで作り込まれた豊富な機能が魅力ですね。

ロングストロークスプール

スプールの糸巻き部を長くすることで、キャスト後半の糸痩せを軽減。キャストフィーリングと飛距離の向上に貢献します。

マイクロモジュールギアII

理想的な歯形状を追求し、音鳴りの低減や、滑らかなギアフィーリングの向上を達成しています。

X プロテクト

回転の軽さを損なわないように、非接触式でありながら高い防水性能を実現した構造。

新設計ベール開閉機構

開閉角度が広く、オープン時のフェザリング性が向上。不意のベール返りも発生しにくくなっています。

ワンピースベール

継ぎ目のない一体成型のベール。見た目の美しさだけでなく、トラブルレスにも貢献しています。

新形状ラインクリップ

取り外しやすく、ホールド力をアップした新形状のラインクリップ。幅広いラインに対して使いやすいクリップで、個人的に嬉しい機能の1つです。

AR-C スプール

ラインの整流効果を生み出すスプールリング形状で、トラブルを抑制し、遠投性能を向上。AR-Cスプールによって、シマノのスピニングリールは本当にライントラブルが軽減したと感じています。

マグナムライトローター

軽量化で操作性と感度を向上させつつ、徹底的な軽量化で軽い回転を実現しているローター。各部の最適配置な設計で回転慣性が低く、初期のマグナムライトローターに比べて、高負荷でも歪み難い形状です。
塗装や仕上げが異なるものの、ヴァンフォードはハイエンドモデル「ヴァンキッシュ」と同等なローターを採用。コストパフォーマンスの高さが光ります。

G フリーボディ

リールの重心を手元に近づけることでロッドとの一体感が向上。キャストの疲労低減、操作性向上に貢献しています。

HAGANEギア

硬く粘り強いギアによって、なめらかな巻き心地を実現。

X シップ

ピニオンギアをベアリングで2点サポートし、大型化したドライブギアと噛み合わせる事で負荷に強い軽快なリーリングを保持する機構。

サイレントドライブ

部品間の微細なガタや隙間、揺れを徹底的に排除。なめらかな回転性能と、静粛性を伴う巻き心地を実現しました。

CI4+

軽量かつ、剛性と耐久性を大幅にアップさせた新カーボン素材を採用。

S A-RB

内部の塩ガミを大幅に減少したベアリング。

海水OK

ヴァンフォードは海水・ソルトでの使用もOKです。

キャスティング | キャストフィール、飛距離

シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG ゾディアスとの組み合わせ

▲オカッパリで使う際は、地面に置く事も視野に入れてリールスタンドを装着

ヴァンフォード 3000MHG で実際にルアーを投げてみた所感を紹介します。

キャストフィール、飛距離

ヴァンフォードに搭載されているロングストロークスプールは、従来のスピニングリールよりラインを巻く幅が長くなっています。飛距離を追求するフラッグシップモデル「ステラ」で初採用されたこの技術が、2万円台前半~半ばのスピニングリールにも採用された事は嬉しいポイントですね。

ラインを巻く面積が増えた事により、ロングストロークスプールはライン放出時の糸痩せ(ラインを巻く外周直径の減少)が抑えられ、キャスト時の角度による抵抗が少なく爽快な飛距離を実現。実際に投げてみた所、確かにキャストフィールがスムーズな印象でした。

シマノの公式では約4%の飛距離アップを実現しているそうですが、自分が使ってみた限り、圧倒的な距離が出る訳ではありません。
しかし、ライン放出がスムーズでキャスト弾道が心地よく、狙った場所に鋭く投げやすいイメージ。コンパクトなキャストフォームでもキャストに伸びがある印象で、狙った場所へ投げ込むキャスタビリティの高さにも貢献していると思います。
飛距離については、4lb以下のフロロラインや0.8号以下のPEなど、特に細めのラインで伸びがあるように感じました。
6lb辺りのフロロカーボンなど、やや太めなラインでもキャストは滑らかな印象ですが、細めのラインの方がより顕著にアドバンテージを得られると思います。

ロングストロークスプールの懸念点

シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG

▲スプールの前後移動幅が大きいものの、絶妙な設計で使い勝手をキープしていました

ロングストロークスプールは、巻き上げ時のスプール前後移動幅が大きくなります。
その為、古いタイプのステラに同様の技術が採用された頃は、若干リーリング時の重心がブレるようなイメージがありました。
ですが、最新の設計による軽量化を施されたヴァンフォードでは、スプールが大きく前後移動してもバランスの悪さを感じません。
モデルチェンジを繰り返して熟成された最新テクノロジーは、様々なノウハウの蓄積と技術の進化によって快適な仕上がりになっているようですね。

また、スプールの移動距離が大きくなる事で、スピニングリールにおけるサミング(フェザリング)の指が収まりにくい先入観もありましたが、ヴァンフォードは絶妙なポジションに設計されていて、違和感を感じませんでした。

フラッグシップモデルやハイエンドモデルで開発された新技術が、確かな進化によって使い勝手を向上させつつ、高いコストパフォーマンスで実装されたモデルと言えそうです。

使用感 | 外見、巻き心地、ドラグ

シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG 釣果

「ヴァンフォード 3000MHG」の外観や使用感を紹介します。

外見・外観、デザイン

ヴァンフォードは、マットなブラックに赤を差し色にしたデザイン。差し色も悪目立ちするような下品さは無く、重厚で金属質的な濃い目のシブい赤です。
様々なロッドに合わせやすく、それでいてしっかりリールの存在感を自己主張してくれる仕上がり。前モデルとも言える「16ストラディック CI4+」と比較しても、全体の質感がかなり向上していると感じました。
ハイエンドモデル程の豪華さは無いものの、道具としての所有感を十分に満足させてくれるクオリティです。

ヴァンフォード 3000MHG は、4000番台のボディに2500番台の小型スプールを組み合わせた機種。かなり独特な番手ですが、リール全体の外観にアンバランスな違和感も少なく、軽量スピニングリールとしてコンパクトにまとまっている点もいいですね。
バス用のライトリグ用途にも十分対応しつつ、その上でシーバス専用モデルとしてのパワーを発揮できるので、釣りの対象魚を広げたいと思っている方には最適な機種だと感じました。

リーリング、巻き心地

マイクロモジュールギアIIを搭載するヴァンフォードは、滑らかで力強い巻き心地です。回転時のノイズも感じにくく、手荒く使い込んでも安心できる剛性感が高い精度として感じられました。
特に、4000番台のボディを持つ「ヴァンフォード3000MHG」の巻き上げパワーは圧巻。スピーディーな巻き上げ速度を確保しつつ、圧倒的な巻き上げ力で常に主導権を握りやすい印象ですね。
シーバス用モデルならではの力強さは想像以上に快適で、バス用途でもPEラインを使用したパワーフィネスなどで活躍してくれました。
ライトラインを使ってドラグを駆使するような場合でも、ここぞというタイミングでしっかり・確実に巻き取れるので、一瞬の遅れが致命的となるようなシーンでも安定感があります。

また、スプールが軽量で、ローターの回転も軽やかでありつつ、低慣性な事も自分的に気に入っている点です。
巻き始めやリーリングがスムーズながら、勢いがついて過剰に回りすぎることなく、止めたい所でピタッと止めやすいのが良いですね。
3000MHGは大きなT字型のノブを採用していますが、ハンドルの重さで静止したスプールが動きすぎる事もありません。(手を離した状態で完全に止まる訳ではありませんが、ハンドルの重さでグリンと回転するような挙動は抑えめです)

ヴァンフォード3000MHGはシーバス用のスタンダードモデル。リール本体は自重200gと、バス釣り用途としてはやや重ためです。
しかし、8lb以上の太めのラインや1号を超えるPEラインをチョイスするシーンでは、それを補ってあまりあるパワーが武器となってくれると感じました。
とは言え、バス用途でスタンダードな2500S(自重175g)やC2500SHG(自重160g)にも十分なパワーがあり、巻き心地も滑らかなので、ライトラインでのフィネス用途が主体であればこれらの番手の方が向いていると思います。
ヴァンフォード3000MHGは、シーバスのルアーフィッシングなどソルトを含めた汎用性を持ちつつ、2500番台スプールと互換のある幅広さがメリットと言えますね。

ドラグ

シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG 2500Sとのスプール互換性

▲ヴァンフォード3000MHGは、2500Sとのスプール互換があるので便利

実際に「20ヴァンフォード 3000MHG」でドラグを引き出されるシーンが何度かありましたが、キレイにラインが放出され、止まるべき所でキチッと抑えられている印象。ドラグやドラグノブのクリック音がハイエンドモデルと比較して若干粗い感覚に感じるものの、実釣性能は申し分ありませんでした。

ただ、ドラグの出だしが滑らかな特性を求める方によっては、ヴァンフォードのドラグは少し硬いと感じるかもしれません。
これは、上位機種の「19ヴァンキッシュ」でも同様だったのですが、最近のシマノスピニングリールは「一定負荷でスプールが回り、ラインが切れないようにする」という本来の目的に忠実な気がします。過去のシマノスピニングリールや、他メーカー品と比較しても若干異なるドラグ特性だと思いました。

どちらかと言えば「出だしが滑らかで、途中から粘るようなドラグ」が多い中、ヴァンフォードは最初から定格のテンションがキッチリかかっていて、それがファイト中まで持続するイメージ。その為、従来通りのドラグ設定では若干出だしが硬い印象になります。
ですが、出だしが滑らかで途中で粘る特性の場合、その一瞬の負荷がラインブレイクなどに繋がる危険性も。
ドラグの出だしからファイト中まで、テンションが終始安定しているヴァンフォードは、よりシビアなセッティングで予想外のトラブルを防ぎやすい特性だと感じました。
エギングなどでドラグを出しながらシャクりつつ、バイトに対しては若干強めに粘る感覚に慣れている方には、最初は扱い難いと思うかもしれませんね。

あとヴァンフォードには、上位機種で採用されているリジットサポート(スプールを支える2点をベアリング化する事でスムーズなドラグ性能を実現)が非搭載。とは言え、リジットサポートドラグを搭載する19ヴァンキッシュと比較しても、ほとんどの場合でヴァンフォードのドラグ性能に不足は感じませんでした。
非常にシビアで繊細なシーンでは差があるかもしれませんが、価格に対してヴァンフォードは十二分に満足できる性能です。

まとめ

シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG 釣果

「シマノ ヴァンフォード」は、実売価格2万円台前半から中盤というミドルグレードのスピニングリール。そこへ、フラッグシップモデル同様に飛距離を伸ばす「ロングストロークスプール」や、滑らかな巻き心地の「マイクロモジュールギアII」、高い防水性能を備えた「X プロテクト」などを搭載し、コストパフォーマンスに優れた製品です。

外見のデザインや見た目の品質、仕上がりも丁寧。シマノならではの耐久性にも安心感があり、使い勝手の良い道具として長期間満足できるクオリティですね。
流石にハイエンドモデルほど圧倒的な高級感や究極のドラグ機能はありませんが、一般的な釣りにおいては十二分に高い実釣性能。
スピニングリールは機構が複雑で、繊細なラインを扱う事もあり、できるだけ性能が高いモデルを使いたいと思っているので、そうした要望にヴァンフォードはキッチリ応えてくれました。

今回自分は「ヴァンフォード3000MHG」本体と、互換性のある「2500Sスプール」を購入。シーバスやチニング用途も視野に入れつつ、バス釣りでのライトリグやパワーフィネスにも活用しています。
ただ、バスフィッシング専用であればやはり「ヴァンフォード 2500S」がバーサタイル。よりフィネスに特化するのであれば少しでも自重の軽い「ヴァンフォード C2500SHG」が適任と言えます。
こうした様々な機種を揃えやすいのも、価格と性能のバランスが良いヴァンフォードの魅力ではないでしょうか。

スピニングタックルを追加したい方や、スピニングタックルで様々な釣りをガッツリ楽しみたい方に「ヴァンフォード」はおすすめです。

3000MHG ナイロン糸巻き量:8lb-130m,10lb-110m,12lb-85m(PE 1号-190m,1.2号-150m,1.5号-120m)

ヴァンフォード3000MHGと互換性のあるスプール

2500S ナイロン糸巻き量:5lb-110m,6lb-95m,8lb-70m(PE 0.6号-200m,0.8号-150m,1号-120m)

C3000SHD ナイロン糸巻き量:5lb-110m,6lb-95m,8lb-70m(PE 0.6号-200m,0.8号-150m,1号-120m)

C3000 ナイロン糸巻き量:2.5号-180,3号-150,4号-100m(PE 1号-400m,1.5号-270m,2号-200m)

バス専用におすすめなヴァンフォード

2500S ナイロン糸巻き量:5lb-110m,6lb-95m,8lb-70m(PE 0.6号-200m,0.8号-150m,1号-120m)

C2500S ナイロン糸巻き量:5lb-110m,6lb-95m,8lb-70m(PE 0.6号-200m,0.8号-150m,1号-120m)

ヴァンフォード 3000MHG に合うロッド

シマノ 20 ヴァンフォード 3000MHG 釣果

▲ゾディアスパックロッドS70M-5との組み合わせでチニングも快適

4000番台のボディパワーと幅広いスプールに対応するヴァンフォード3000MHGをフルに活用するなら、パワーのあるスピニングロッド「20ゾディアス 270M-2」がおすすめです。

スピニングとしては強めな7フィートMパワーのロングロッドで、やや重ためのライトリングを遠投し、ロングディスタンスでキッチリ操作できるパワーが魅力。バスだけでなく、シーバスやクロダイ(チヌ)を狙うチニングでも使えそうですね。
7フィートの長さがあるものの、センターカット2ピース仕様なので携帯性にも優れています。ゾディアスのデザインは、赤を差し色とするヴァンフォードとマッチするのも好材料。

また、同じ7フィートMパワーのスピニングロッドモデルとして、5ピース版パックロッド「S70M-5」も2021年に新登場。どこでも手軽に持ち運んで様々な釣りを楽しめます。

バス専用でヴァンフォードを使用する場合におすすめのロッド

バス専用にバーサタイルなモデルとしては、スモラバや小型プラグ、ライトリグ全般に対応する「20ゾディアス 264L」がおすすめ。持ち運びしやすいセンターカット2ピースモデル「264L-2」や、5ピースのパックロッド「S64L-5」もラインナップされています。

現行スピニングリールのラインキング、タックルインプレッションなど

現行スピニングリールのランキングや、バス用アイテムのインプレも記事にしているので、参考にしてみてください。

随時更新中いつも当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。「俺のバス釣りタックル」では、様々なロッドやリール...
※2021年3月12日更新いつかは欲しい!!バス釣り用、2021年現行スピニングリールのおすすめランキングを提案します!新しいスピ...

おすすめの関連記事

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-リール
-, ,