その他

2022年 バス釣りタックル 新製品情報

バス釣りタックル 2022年新製品

いよいよ2022年のバスフィッシング用 NEWアイテム・新製品情報が解禁されました!
新技術満載のNEWモデルから、従来シリーズの派生形や追加機種まで、今年も魅力的な製品ラインナップが充実。いち早く手に取ってみたくなる製品ばかりです。

勿論、バスを釣る為に必ずしも新しいロッドやリールは必要ありません。
従来の道具でも釣れる魚に変わりはなく、釣り人自身の技術や戦略こそがバスフィッシングの醍醐味です。

ですが、年々変化し続けるバスフィッシングの環境に応じて、最適なパフォーマンスが常に最新モデルへと集約されている事も事実。フィールドの状況変化に対する新しいメソッドを、より快適に、よりストレスフリーで、思いっきり釣りが楽しめる点も新製品の魅力ですね。
最近であれば、ベイトがワカサギに移行しつつあるフィールドに対応したミドストロッドなどが新製品として数多く登場しました。
また、かつては特殊な用途とされたベイトフィネスもすっかり定着し、その技術は成熟しつつあります。

新製品を手にし、それを使い込むことは、釣りの幅を広げ、今まで手にしていなかった魚と向き合えるチャンスなのかもしれません。
そろそろ古くなった道具を入れ替えたい..と考えておられる方にとっても、新製品発売のタイミングは重要。最近の製品は、比較的手ごろな価格帯でも性能が向上し、耐久性も増しているので、それだけ長く快適な釣りを楽しめますよね。

そこで本記事では、2022年の新製品情報を随時更新で紹介します。

シマノ 2022年 新製品 | バス用ベイトリール

まずは、シマノから2022年に発売される新型ベイトリールを紹介。待望の新型ベイトフィネスリール機を初め、軽量ルアーから重量級までバーサタイルにトラブルレスなDCリール機など、使い勝手の良い製品が揃っています。

シマノ 22 アルデバラン BFS

公式サイト

22アルデバランBFS

出典:SHIMANO

22アルデバランBFS | 性能・スペック
品番 ギア比 最大ドラグ力 自重 スプール 径/幅 糸巻量フロロ(lb-m) 最大巻上長 ハンドル長 ベアリング数 夢屋ハンドルノブタイプ 夢屋ハンドルタイプ 本体価格
HG RIGHT 7.8 3.5kg 130g 29mm/19mm 6-45、8-45 71cm 40mm 10/1 A BH-1 48,000円
HG LEFT 7.8 3.5kg 130g 29mm/19mm 6-45、8-45 71cm 40mm 10/1 A BH-1 48,000円
XG RIGHT 8.9 3.5kg 130g 29mm/19mm 6-45、8-45 81cm 40mm 10/1 A BH-1 48,000円
XG LEFT 8.9 3.5kg 130g 29mm/19mm 6-45、8-45 81cm 40mm 10/1 A BH-1 48,000円

シマノのベイトフィネスリール「アルデバランBFS」がフルモデルチェンジ!22アルデバランBFSとして新登場します
前モデル16アルデバランBFSから実に5年ぶりとなるモデルチェンジ。他社製ベイトフィネスリールが続々とリニューアルされる中、シマノ製新型ベイトフィネス専用機を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。
その期待に応えるべく、ダイワのフラッグシップモデル「スティーズAIR TW」に勝るとも劣らない、互角のベイトフィネス性能を備えているそうです。
海水対応でソルトでも使える、巻き上げパワーに優れたマイクロモジュールギア搭載など、NEWアルデバランBFS独自のメリットもあり、注目の製品となりそうですね!

特筆すべきは、シマノにとって初となるベイトフィネス専用設計。16アルデバランBFSなどの既存ベイトフィネスモデルが、ベースとなるノーマルリールにチューニングを施した設計だったのに対し、22アルデバランBFSは完全新規モデルとなります。
ベイトフィネスに対する、シマノの本気が伺えるリールと言えるのではないでしょうか。

22アルデバランBFS最大の特徴は、直径29mm・幅19mmという超小口径なMGLスプールⅢを採用した点。シマノ史上最も小口径で、従来に無い低慣性を実現し、軽量ルアーやライトリグへのレスポンスが飛躍的に向上しています。
また、ブレーキの対応力が向上し、ある程度ざっくりな設定でも軽量ルアーをトラブルレスに使いやすくなりました。
ベイトフィネス初心者でも、最高峰のベイトフィネス性能を扱いやすくなったモデルと言えますね。
加えて、ブレーキ段階は変わらないものの、その調整幅が向上。ざっくりとした設定でも軽量ルアーを扱いやすく、上級者であればより細かい設定でセッティングを詰めることが可能となる、奥が深い仕上がりになっています。
最小ブレーキの設定で、限りなくブレーキ力をゼロに近づけることも可能に。
エキスパートであれば、1g前後のルアーでも低弾道で伸びのあるキャストが可能になっています。

「使いやすく、奥が深い」
22アルデバランBFSは、これからベイトフィネスを始めようとする方から、ベイトフィネスを多用するベテランの方まで、幅広いアングラーにおすすめできるリールです。

左ハンドルモデルが先行で2022年2月、右ハンドルモデルが2022年4月に発売予定。

シマノ 22 SLX DC XT

公式サイト

22 SLX DC XT

出典:SHIMANO

SLX DC XT | 性能・スペック
品番 ギア比 最大ドラグ力 自重 スプール 径/幅 糸巻量フロロ(lb-m) 最大巻上長 ハンドル長 ベアリング数 夢屋ハンドルノブタイプ 夢屋ハンドルタイプ 本体価格
70 6.2 5.5kg 195g 33mm/21mm 12-100,14-90,16-80,20-65 64cm 42mm 7/1 A BH-1 35,000円
71 (左) 6.2 5.5kg 195g 33mm/21mm 12-100,14-90,16-80,20-65 64cm 42mm 7/1 A BH-1 35,000円
70HG 7.4 5.5kg 195g 33mm/21mm 12-100,14-90,16-80,20-65 77cm 42mm 7/1 A BH-1 35,000円
71HG (左) 7.4 5.5kg 195g 33mm/21mm 12-100,14-90,16-80,20-65 77cm 42mm 7/1 A BH-1 35,000円
70XG 8.1 5.5kg 195g 33mm/21mm 12-100,14-90,16-80,20-65 84cm 42mm 7/1 A BH-1 35,000円
71XG (左) 8.1 5.5kg 195g 33mm/21mm 12-100,14-90,16-80,20-65 84cm 42mm 7/1 A BH-1 35,000円

比較的手頃な価格で高いパフォーマンスを発揮するベイトリール「SLXシリーズ」に、新たなDC機が新登場します!
2020年登場した「SLX DC」に続き、よりバーサタイル性能を高めた「22 SLX DC XT」がラインナップ。XTはエクストラチューンの略で、あらゆる面でより研ぎ澄まされた性能が光る製品です。

丸型リールのハイエンドモデル「20カルカッタコンクエストDC 100」と同様のブレーキユニット「I-DC5」を搭載し、低慣性で立ち上がりに優れ、軽量ルアーも扱いやすい最新のMGLスプールⅢを採用しています。(カルカッタコンクエストDCは、1世代前のMGLスプール)
しかも、直径33mm幅21mmという、カルカッタコンクエストDC100同様の小口径スプールサイズ。これまで34mmを下回るスプールは、ロープロファイルなDCリール機に採用されていなかったので、SLX DC XT が初採用となりますね。
小口径かつ立ち上がりの良いスプールによって、5g辺りからの軽量ルアーに対する対応力がアップし、かつビッグベイトや重量級ルアーへの遠投性能にも十分なパフォーマンスを発揮。まさに、バーサタイルDCリールとも呼べる存在です。

CPUのデジタル制御でブレーキをコントロールするDCは、キャスト中に姿勢が崩れやすいバズベイトや空気抵抗が高いルアー等でもオートマチックに制御可能。軽量ルアーからビッグベイトまで、幅広いルアーを快適に扱うことができますね。
トータルパフォーマンスに優れたベイトリールで、個人的に2022年最も注目している製品です。

発売は、右ハンドルモデルが先行で2022年5月、左ハンドルモデルが2022年6月予定。

※発売時期が2022年10月に延期されました。

シマノ 22 バンタム ベイトリール

出典:SHIMANO2022年、シマノのベイトリール「バンタム」がフルモデルチェンジ!「22バンタム」として新発売されます。前モデ...

金属一体成型ボディを採用し、強固で高剛性なロープロファイルベイトリールとしてデビューした「バンタム」が、2022年モデルとしてよりストロングな仕様にリニューアルされました!

横幅を狭めるナロー化で低弾道にキャストが決まりやすいMGLスプールⅢを搭載。しかも、直径35mmというやや大口径な設計で、十分なラインキャパと遠投性能を両立させています。
遠距離から至近距離まで快適な使用感で、ストロングかつテクニカルな新型ロープロファイルリールと言えますね。

しかも、ソルトで使われるようなスピニングリールや、バス用途であれば丸型最高峰となる21カルカッタコンクエストにしか採用されていないインフィニティドライブを搭載。ストロングベイトリールに相応しい、圧巻の巻き上げパワーを備えています。

発売は、右ハンドルモデルが先行で2022年5月、左ハンドルモデルが2022年7月予定。

22 メタ二ウムシャローエディション

「シマノ 2022 メタ二ウムシャローエディション」の実釣インプレをレビュー!22メタニウムは、バスフィッシングで最もバーサ...

優れたキャスト性能と巻き心地、高剛性ながら軽量なボディと、パーフェクトとも言えるバーサタイルリール「20メタニウム」に、新たな派生モデルとして「22メタ二ウムシャローエディション」が登場します。
これまで別売りだった浅溝のシャロースプールが標準搭載。ベイトフィネスとバーサタイルの中間を補うような存在です。
タフなコンディション下でカバーの奥を繊細に攻めたい場合など、軽量ルアーをやや太めのラインで使用する際にアドバンテージが高いリールとなりますね。

単にシャロースプールが搭載されているだけでなく、新設計ジュラルミン製ドライブギアで軽量化するなど、よりライト寄りなチューニングが施されている点も見逃せません。
20メタニウムから10g軽量化され、このクラスのリールとして圧巻となる自重165gを達成。太いラインを少量巻いて、カバーを延々と撃ち続ける...といった用途も快適そうです。

発売は、右ハンドルモデルが先行で2022年3月、左ハンドルモデルが2022年5月予定。

ダイワ 2022年 新製品 | バス用ベイトリール

2022年モデルとして、ダイワから発売される新型ベイトリールを紹介します。

ダイワ 22 タトゥーラ TW 80

ダイワのベイトリール「22タトゥーラTW80」を実釣インプレします!2022年に新発売された22タトゥーラTW80は、タフで基本性能...

コストパフォーマンスに優れた価格と性能、かつ屈強な耐久性が光るタトゥーラに新型モデル「タトゥーラTW 80」が登場!タトゥーラシリーズで最もコンパクトかつ軽量となるモデルです。

タトゥーラTW 80は、高強度アルミ製の32mm径マグフォースZスプールを搭載し、ラインセッティングに応じて5~20gのルアーに対応。特に、オカッパリで多用される10g~15g程度のルアーを遠投させる用途に向いた特性です。
しかも、初期性能の高さが長く続く事を目指した「ハイパードライブデザイン」を採用。新設計のギアシステムによる巻き上げパワー向上など、この価格帯とは思えないスペックに仕上がっています。

ストレスフリーにトラブルレスなSVスプールではありませんが、マグフォースZはベイトリールの中では比較的扱いやすいブレーキシステム。重量級ルアーを使って最大飛距離を実現させるのではなく、使用頻度が高いレギュラークラスのルアーを最も効率よくロングキャストできるリールと言えますね。
遠投が必要、しかし大きすぎるルアーでは食わせにくい...と言った、全国のフィールド事情にマッチしたベイトリールです。

発売は2022年3月予定。

ダイワ 22 ジリオン TW HD 1000

出典:DAIWA近年、ダイワの新製品・新モデルは、前年度末に発売する事が増えています。そうした中、早くも2021年12月に発売予...

2022年モデルとして、ジリオンTW HDがモデルチェンジ!ヘビーデューティーな用途に最適なベイトリールが、34mm径の「MAG-Z ブースト スプール(MAG-Z BOOST スプール)」を搭載し、遠投性能をも大幅に向上させています。

巻き上げパワーに優れ、初期性能が長く持続する等に設計されたハイパードライブデザインを採用。カバー撃ちやフロッグゲーム、ソルトなどのヘビーユースにしっかりと応えてくれる仕様ですね。
34mm径のMAG-Zブーストスプールは、遠投性能に優れるだけでなく、幅広いルアーに最も使いやすいサイズ。ヘビー用途に対応しつつ、バーサタイル性能をも兼ね備えたバランスの良さも魅力的な新製品です。

ダイワ 22 スティーズリミテッド SVTW 1000S

出典:DAIWA BASS【Ultimate BASS】藤田京弥プロがアメリカトーナメントに参戦、デビュー戦でいきなり決勝進出という熱気も冷...

ダイワの最高峰ベイトリール「スティーズリミテッドSVTW」に新モデルが追加されます。
SVブースト初となるシャロースプールを搭載し、スティーズシリーズ最速となるギア比8.5を採用。圧倒的な手返しと、正確無比なキャストアキュラシーで、タフなコンディションを攻略するアイテムです。

ダイワ 22 アルファス SVTW 800S

出典:DAIWA BASS【Ultimate BASS】2021年に登場したコンパクト&強靭なバーサタイルベイトリール「アルファスSVTW」に、シャ...

2021年に登場したアルファスSVTWに待望のシャロースプールモデルが追加されます。
コンパクトな小型ボディならが高剛性、ハイパードライブデザインコンセプトで、力強い巻き上げパワーを発揮し、トラブルレス性能に優れた32mm径SVスプールモデルで高評価のベイトリール。シャロースプール搭載モデルは、必要分のラインだけを巻く事で、狙ったピンスポットに撃ち込むキャストアキュラシーに優れています。
ライトラインを巻いて、軽量ルアーやライトリグを扱うパワーベイトフィネス的な用途にもいいですね。

アブガルシア 2022年 新製品 | バス用ベイトリール

2022年モデルとして、アブガルシアから発売される新型ベイトリールを紹介します。

アブガルシア ゼノン ベイトリール

2022年、アブガルシアのフラッグシップモデル「ZENON(ゼノン)」にベイトリール版が登場します。
軽量コンパクトで斬新なデザインボディが特徴で、非常に軽量ながら剛性感に優れた特性。バーサタイルモデルだけでなく、ベイトフィネスやビッグベイト等のストロング用途に向いた機種が一斉にラインナップします。

出典:PURE FISHING JAPANアブガルシア(Abu Garcia)のフラッグシップモデル「ゼノン (ZENON)」に、ベイトキャスティングモデ...

2022年 新製品 | バス用スピニングリール

2022年に登場する新型スピニングリールを紹介。大手2社のフラッグシップモデルが、予想を超える大幅進化で登場です!

シマノ ステラ 2022年モデル

公式サイト

ステラ 2022年モデル

出典:SHIMANO

22ステラ | 性能・スペック
品番 ギア比 実用ドラグ力 最大ドラグ力 自重 スプール径/ストローク 糸巻量ナイロン(号-m) 糸巻量ナイロン(lb-m) 糸巻量ナイロン(mm-m) 糸巻量フロロ(号-m) 糸巻量フロロ(lb-m) 糸巻量PE(号-m) 最大巻上長 ハンドル長さ ベアリング数 スプールタイプ ハンドルノブタイプ ハンドルタイプ ハンドルスクリューキャップタイプ リールスタンドタイプ 本体価格
C2500S 5.1 2kg 3kg 175g 44mm/13.5mm - 5-110,6-95,8-70 0.16-150,0.18-120,0.20-95 - 4-130,5-100,6-80 0.6-200,0.8-150,1-120 70cm 45mm 12/1 S-31/S-32 A H-10 HC-3 CandE 86,600円
C2500SXG 6.3 2kg 3kg 175g 44mm/13.5mm - 5-110,6-95,8-70 0.16-150,0.18-120,0.20-95 - 4-130,5-100,6-80 0.6-200,0.8-150,1-120 87cm 45mm 12/1 S-31/S-32 A H-10 HC-3 CandE 86,600円
2500S 5.1 2.5kg 4kg 205g 47mm/17mm - 5-110,6-95,8-70 0.16-150,0.18-120,0.20-95 - 4-130,5-100,6-80 0.6-200,0.8-150,1-120 75cm 50mm 12/1 S-33 A H-11 HC-2 CandE 87,600円
2500SHG 5.8 2.5kg 4kg 205g 47mm/17mm - 5-110,6-95,8-70 0.16-150,0.18-120,0.20-95 - 4-130,5-100,6-80 0.6-200,0.8-150,1-120 86cm 55mm 12/1 S-33 A H-11 HC-2 CandE 87,600円
C3000MHG 5.8 6kg 9kg 210g 47mm/17mm 1.5-165,1.7-150,2-130 8-130,10-110,12-85 0.25-125,0.30-85 - 8-110,10-90,12-80 1-190,1.2-150,1.5-120 86cm 55mm 12/1 S-33 A H-11 HC-2 CandE 87,600円

「いつかはステラ」
バスアングラーだけではなく、多くの釣り人が長年言い続けてきた最高評価の言葉。そのスピニングリール最高峰モデルが、2022年にフルモデルチェンジします!

前モデル18ステラでも圧倒的な完成度を実現していましたが、技術の進化は止まること知りません。
最高品質のクオリティを継承しつつ、予想を大きく超えるバージョンアップが施されています。

個人的に、最も注目している技術が「インフィニティループ」。スプールの前後移動を圧倒的に低速化し、ラインを非常に丁寧かつ超密に巻き上げる技術です。
密に丁寧に巻くことで、キャスト時にラインは整然と放出。抵抗が大幅に減少し、結果的に抜けるようなキャストフィールで飛距離に貢献します。
最近のシマノ・スピニングリール採用されているロングストロークスプールは、キャスト時の糸痩せを軽減させ、飛距離を向上させていました。
そこに、インフィニティループによる抵抗の少ないライン放出効果がプラスされ、より軽快なキャストフィールを実現したと言えますね。
加えて、ドラグ作動時のライン放出も圧倒的にスムーズに。
ドラグ機構自体も進化させつつ、スムーズなライン放出がその性能をさらに引き上げてくれます。

実は、ラインを密に巻くシステムは、2000年モデルのステラにも実装されていました。
飛距離やドラグ性能に優れた性能でしたが、ライントラブルが多く、一部の上級者にしか使いこなせない特性。その為、普及しませんでした。
しかし、AR-Cスプールなど、トラブルを軽減する最近の技術によって、こうした問題が解消。加えて、22ステラ独自のトラブル防止機能もよりパワーアップしました。
こうした20年以上に渡る技術とノウハウの結晶が、かつてのハイスペックシステムを扱いやすい最新テクノロジーとして復活させたのです。

その他にも、ギアの耐久性を2倍向上させる「インフィニティクロス」、ライントラブルをより軽減する「アンチツイストフィン」、滑らかで圧倒的な耐摩耗性を備えたドラグワッシャー「DURAクロス」など、あらゆる面を進化させたスピニングリールが「22ステラ」です。

ダイワ イグジスト 2022年モデル

公式サイト

イグジスト 2022年モデル

出典:DAIWA

22イグジスト | 性能・スペック
品名 巻取り長さ ギア比 自重 最大ドラグ力 糸巻き量 ナイロン(lb-m) 糸巻き量 PE(号-m) スプール径 ハンドル長 ハンドルノブ ベアリング 価格(¥)
LT2000S-P 64cm 4.9 155g 5kg 3-150 0.4-200 42mm 40mm HG-Iライト 12/1 100,000
LT2000S-H 76cm 5.8 155g 5kg 3-150 0.4-200 42mm 45mm HG-Iライト 12/1 100,000
LT2500S 72cm 5.1 160g 5kg 4-150 0.6-200 45mm 50mm HG-Iライト 12/1 101,000
LT2500S-H 82cm 5.8 160g 5kg 4-150 0.6-200 45mm 50mm HG-Iライト 12/1 101,000
LT2500S-XH 87cm 6.2 160g 5kg 4-150 0.6-200 45mm 50mm HG-Iライト 12/1 101,000
LT2500S-DH 72cm 5.1 170g 5kg 4-150 0.6-200 45mm 90mm HG-Iライト 12/1 104,000
PC LT2500 73cm 5.2 175g 10kg 6-150 0.8-200 45mm 50mm HG-T 12/1 102,000
LT3000S 77cm 5.2 180g 10kg 6-150 0.8-200 48mm 55mm HG-T 12/1 103,000
PC LT3000 77cm 5.2 190g 10kg 8-150 1-200 48mm 60mm HG-T 12/1 104,000

ダイワのスピニングリール・フラッグシップモデル「イグジスト」がフルモデルチェンジ。これからの未来基準となる最新テクノロジーによって、大きくパワーアップしました。
その見た目やデザインも未来を感じさせる最先端ながら、エアドライブデザイン(AIR DRAIVE DESIGN)という最新コンセプトの設計で、従来のスピニングリールを大きく上回る快適な使い心地と性能を実現しています。

近年のダイワ・スピニングリールは「タフ&コンパクト」なLTコンセプトを採用。高い剛性を備えつつ、圧倒的に小型で軽量なボディを実現しています。
その上で、エアドライブデザインによってフロント部分を中心にさらなる軽量化が加速。単に軽いだけでなく、重心バランスが大幅に向上し、持ち重りが軽減され、キャストやロッドアクションといった操作性全体が未来領域へと高まりました。

エアドライブデザイン(AIR DRAIVE DESIGN)は、主に次の3つの技術が採用されています。

・スッと巻けて、ピタッと止められる低慣性な「エアドライブローター(AIRDRIVE ROTOR)」
・トラブル全般をさらに軽減させ、細く軽量化された「エアドライブベール(AIRDRIVE BAIL)」
・斬新なデザインと圧倒的な軽量化で、高い性能と爽快な使用感を兼ね備えた「エアドライブスプール(AIRDRIVE SPOOL)」

その他にも、ワンピースで作られた軽量高剛性な「モノコックボディ」、耐久性とパワーに優れた「タフデジギア」、初動レスポンスと負荷に対する追従性に優れた「ATD TYPE-L」ドラグなど、最新テクノロジーが満載。22イグジストは、その見た目に相応しい、未来のスピニングリール新規軸と言えます。

発売は2022年3月予定。

シマノ 2022年 新製品 | バスロッド

シマノのバスロッド2022年新モデルを紹介。定番のあのバスロッドがフルモデルチェンジです!

シマノ 22 エクスプライド

出典:SHIMANO2022年新製品として、シマノのバスロッド「エクスプライド」がフルモデルチェンジ!「22エクスプライド」として...

シマノのバスロッド「エクスプライド」が、2022年に待望のフルモデルチェンジ!バスフィッシングにおけるスタンダードな特性をバランスの良い性能で実現し、長年高い評価を得てきたバスロッドが3世代目となります。

エクスプライドは使いやすく、それでいて様々なバス用途にしっかりと特化した仕上がり。比較手入手しやすいミドルグレードな価格帯なので、多くのアングラーに愛用されてきました。
一般アングラーだけでなく、国内や海外のトーナメントに出場するプロ選手も使用しているなど、そのクオリティと完成度は疑いようもありません。

22エクスプライドは、エッジタイプのカーボンモノコックグリップを採用し、感度面を大幅に向上。ロッド全体の自重も10%程軽量化され、ブランクスもマット調にリニューアルし、よりシャープな使用感になっています。
この価格帯でエッジタイプのカーボンモノコックグリップが採用される事はなかったので、それだけエクスプライドが特別な存在と言えますね。
スピニングモデルは、ハイエンドモデルによく採用されるアップロック方式になっている点も見逃せません。
リールシートもよりフラットになり、フィネスに重要なパーミング性が向上しています。

また、22エクスプライドは、ショートなビッグベイト用ロッド、強めのベイトフィネス、ソリッドティップ搭載のベイトモデルなど、特徴的な番手が数多くラインナップ。特に近年、ベイトへの依存性が増しているバスを攻略すべく、ミドスト対応モデルが3機種ラインナップされているのも象徴的ですね。
ワカサギに対応する3~4インチ用の「261SUL+」、リザーバーなどの小アユに対応する4~5インチ用「265UL+」、大型湖のハスなどに対応する5~6インチ用「267L+」など、ラインスラックをオートマチックに演出してくれるスピニングロッドが充実!

シマノ 22 バンタム ロッド

出典:SHIMANO「一生を通じてバスフィッシングを楽しむ人の為に。」バンタムは、シマノのバスフィッシング専門ブランド。その...

圧巻のパワーと耐久性、コルクグリップ(一部機種はEVA)による普遍的な外見と使用感を備えたバンタムロッドが、2022年モデルとしてリニューアルされます。
スパイラルXコアなど、最新技術でバスフィッシングの基本性能を向上させつつ、積極的かつ大胆な改修にも着手しました。

22バンタムロッドの最大とも言える特徴は、ロッド構造の多様性にあります。
スムーズに曲がるアクションのモデルは1ピースで設計。さらに、2ピースでしか実現できないロッド調子をも追求しています。
その2ピースモデルは、機種の特性に応じて3つのラインナップで構成。標準的なセンターカット2ピースモデル、グリップ部分が短いワン&ハーフ構造、ティップ部分が長いロングティップワン&ハーフ構造という、最適なロッド調子を実現するためにベストな設計が施されています。
幅広いバスフィッシングの様々なシチュエーションを、普遍的な性能と耐久性、そして多様なロッド調子で対応するロッドと言えますね。

発売は2022年4月予定です。

シマノ ワールドシャウラ 2022年追加モデル

シマノ ワールドシャウラ

出典:SHIMANO

品番 全長 継数 仕舞寸法 自重 先径 適合ルアー 適合ジグ 適合ラインナイロン 適合ラインPE グリップ長 適合グリップ テーパー カーボン含有率
1581F-3 1.73m 3本 130cm 110g 1.7mm 5~20g MAX 120g 8~16lb MAX1.5号 201mm Type B R 99.9%
1581F-3 適合ルアー

最適:ライトテキサス、ミノー・ジャークベイト、シャッド、トップウォーター
適:テキサスリグ、ヘビーダウンショット、ラバージグ、ノーシンカー、クランクベイト、バイブレーション、スピナーベイト
可:ダウンショット、スモラバ、ジグヘッド、ジグヘッドワッキー、ネコリグ、スプリットショット

村田基さんが監修するシマノのハイエンドロッド「ワールドシャウラ」。バスだけでなく、世界中の魚種をターゲットとしたハイスペックな特性が魅力の製品です。

ワールドシャウラの2022年新モデルとして、「1581F-3」が追加!村田基さんが手がけるベイトロッドの原点とも言えるキャスティングロッドが遂に登場します。
現行のワールドシャウラには、同じくキャスティングを主体とした「15101F-3」がリリースされていますが、「1581F-3」はさらにグリップが短い事が特徴。手返しの良いシングルキャストにより重きをおいた設計になっています。

「1581F-3」は、高い精度と素早いテンポでルアーにポイントを撃ち込む事に特化した番手。小型~中型、やや大きめのハードルアーまで扱え、ロッドワークによるアクション操作性も秀逸です。
ボートシーバスの穴撃ちにも良さそうですね。
エクステンションバットにも対応し、ライトジギングや鯛ラバといったベイエリアの主要ターゲットを幅広くカバーするフリースタイル性能も魅力ですね。

1581F-3以外にもおすすめのワールドシャウラも記事にしているので、参考にしてみてください。

2022年2月27日更新世界中のルアーフィッシング対象魚に挑み続ける「シマノ ワールドシャウラ」。バスロッドとしても古くから...

シマノ スコーピオン ロッド 2022年追加モデル

2022年2月27日更新バスロッドとして、長きにわたり愛され続けてきた「スコーピオン」。多様化する今の時代、対象魚種を特定し...

魚種を問わないフリースタイルロッド「スコーピオン ロッド」にも追加モデルがあります。
追加機種をふくめ、スコーピオンロッドについての詳細は上記記事をご覧ください。

2022年に追加される新スコーピオンロッドは「1651R-2」。小型~中型のハードルアーに最適なライトプラッキング特化のベイトモデルです。

小型~中型のクランクベイトやバイブレーション、スピナーベイト、ロッドワークを多用するトップウォーターやジャークベイトに幅広く対応。ソルト・淡水を問わず、オカッパリのラン&ガンスタイルを主軸とされる方におすすめです。

ダイワ 2022年 新製品 | バスロッド

2022年に登場するダイワのバスロッドを紹介。あのハイエンドモデル達が一斉にモデルチェンジし、ラインナップとして追加されます!

スティーズ ロッド 2022年追加モデル

公式サイト (ベイト) 公式サイト (スピニング)

2021年モデル スティーズ バスロッド

出典:DAIWA

ハイエンドバスロッド・スティーズに、2022年モデルとして新たに4機種が追加。ベイトロッド3機種とスピニングロッド1機種で、いずれも昨今のタフなフィールドに対応した繊細なモデルになります。
中でも、オカッパリを1本でバーサタイルに攻略できる「ファイアウルフ」が待望のリニューアル!従来のイメージとは異なる大きな変化で、より様々なルアーへの対応力を広げた究極のロッドに仕上がっています。

追加されるスティーズロッドは次の4モデル。各詳細のスペックは後述します。

  • 22ファイアウルフ
  • 22ウェアウルフパワープラス
  • 22スカイレイ68
  • 22キングボルト

スティーズ 22 ファイアウルフ (SC C69M+ -ST)

22 ファイアウルフ

出典:DAIWA

22ファイアウルフ | 性能・スペック
品名 愛称 全長 継数 仕舞 自重 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz) ライン(lb) ライン PE テーパー カーボン含有率 定価(¥)
SC C69M+ -ST FIRE WOLF 2.06m 2※ 176cm 112g 2.0/12.9 5~28 3/16~1 8~20 RF 99% 未定

※グリップジョイント仕様です。

究極のオカッパリバーサタイルなベイトロッド「ファイアウルフ」がモデルチェンジ。6フィート9インチとレンタルボートでも取り回しやすい長さになりつつ、短めのグリップで有効レングスは長めに確保されています。

22ファイアウルフで特徴的なのは、穂先に中弾性のソリッドを使用し、バット側は従来より高弾性なSVFナノプラスを採用した点。ソリッドと聞くと、穂先が繊細なワーミング専用モデルをイメージしてしまいますが、22ファイアウルフは先径2mmの太めで硬いしっかりとしたソリッドを採用しています。
繊細で華奢なソリッドというより、穂先とバット側で弾性や特性が異なるブランクスを組み合わせる事により、バーサタイル性能を向上させた設計になっているようですね。

22ファイアウルフは、硬いソリッドと細身チューブラーで適度な張りを保ちつつ、非常にキレイなテーパーアクションを実現。軽量級から重量級まで、幅広いルアーに対応します。
スナッグレスネコリグやダウンショットに対応しつつ、ラバージグやスピナーベイトのような太軸フックでもしっかりとアワセる事が可能。加えて、従来のバータイルロッドが苦手としてきたクランクベイトの激しいアクションも、中弾性のソリッドティップがソフトに追従し、バラし難い特性となっています。

クッション性がありつつ、フッキングパワーがあり、ルアーのアクションを殺さず、しっかりと操作できるソリッドティップを搭載。究極のバーサタイル性能が、新たな次元へと進化しました。

スティーズ 22 ウェアウルフ パワープラス (C66M-SV)

22 ウェアウルフパワープラス

出典:DAIWA

22ウェアウルフパワープラス | 性能・スペック
品名 愛称 全長 継数 仕舞 自重 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz) ライン(lb) ライン PE テーパー カーボン含有率 定価(¥)
C66M-SV WEREWOLF【Power Plus】 1.93m 2※ 170cm 99g 2.0/10.9 5~21 3/16~3/4 8~16 F→S 100% 未定

※グリップジョイント仕様です。

フィネスワーミングに特化したベイトロッド「ウェアウルフ」が、「22ウェアウルフ パワープラス」としてリニューアルされました。
従来のウェアウルフがやや強めなベイトフィネス寄りロッドだったのに対し、22ウェアウルフはもう少しだけ更なるパワーを強めた特性。5gを主軸としたリグをメインに、超感度と優れた操作性能を発揮します。

負荷の少ないリグではティップアクション、高負荷ではパラボリックに曲がるテーパーは、繊細なワーミング操作を可能にしつつ、大物とのファイト時でもラインブレイクのリスクが軽減。強めのバットパワーで、鋭いフッキングパワーも兼ね備えています。
ワーミングを主体としつつ、操作性と瞬間的な食い込みの良さが求められるメタルバイブやジギングスプーン、ジャークベイトやスピナーベイトにも守備範囲を広げました。

スティーズ 22 スカイレイ 68 (C68ML-SV)

22 スカイレイ68

出典:DAIWA

22スカイレイ68 | 性能・スペック
品名 愛称 全長 継数 仕舞 自重 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz) ライン(lb) ライン PE テーパー カーボン含有率 定価(¥)
C68ML-SV SKYRAY 68 2.03m 2※ 175cm 92g 1.7/11.9 3.5~14 1/8~1/2 6~14 F 100% 未定

※グリップジョイント仕様です。

圧倒的な超感度と高い操作性能で、絶対的な食わせのワーミングを実現するベイトフィネスロッド「スカイレイ」がモデルチェンジ!最新技術で基本性能を大きく底上げし、前モデルから長さを5インチアップさせています。

6フィート8インチに長さが増したことで遠投性能が向上。キャストしてからのトレースコースを、より長く確保できるようになりました。
ピンスポットだけでは魚を探しきれない、昨今のタフなフィールド状況に合わせて、繊細な釣りでのアプローチ範囲を増やしてくれるアイテムですよね。
さらに、ロッドが長くなった分、フッキング時のストロークも向上。瞬間的なバイトチャンスを、より確実に仕留めやすい仕上がりとなっています。

スティーズ 22 キングボルト (S68ML-SV・ST)

22 キングボルト

出典:DAIWA

22キングボルト | 性能・スペック
品名 愛称 全長 継数 仕舞 自重 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz) ライン(lb) ライン PE テーパー カーボン含有率 定価(¥)
S68ML-SV・ST KINGBOLT 2.03m 2※ 175cm 93g 1.5/11.4 1.8~11 1/16~3/8 4~8 F 99% 未定

※グリップジョイント仕様です。

バーサタイル性能に優れたスピニングロッドの名竿「キングボルト」がフルモデルチェンジ!キングボルトは超フィネスを扱うロッドではありませんが、スピニングで扱うライトリグや軽量ルアー全般が使いやすく、どちらかと言えば規模の大きなフィールドやオカッパリで重宝するモデルでした。
フルチューブラーのブランクスでややパワーが強めだった旧モデルに対し、22キングボルトはMLパワーの硬めなソリッドティップを採用。柔らか過ぎず、ハリをもたせた穂先で、ラインスラックを作りやすく、魚が釣れやすいラインテンションをキープしやすくなっています。

ソリッドティップのしなりは、軽量ルアーでもウェイトを乗せてキャストしやすく、スモラバやジグヘッド、虫系ルアーなど幅広いメソッドに対応。高比重スティックベイトのノーシンカーやペンシルベイトといった操作系、ダウンショットやライトキャロなどライトリグ全般、メタルバイブ、シャッドといったハードルアーまで、幅広く守備範囲に収めています。

22キングボルトは、チューブラーでは弾かれがちなバイトを確実に食い込ませる、1バイトも無駄にしないバーサタイルなフィネススピニングロッドの主軸として完成された1品。使う人誰もが、その進化を体感できるクオリティです。

ハートランド 2022年新モデル

出典:DAIWAあけましておめでとうございます!!いよいよ2022年が始まりました。今年もいい釣りを楽しんでいきましょう!年が...

村上晴彦さんが監修する岸釣り特化のバスロッド「ハートランド」にも2022年新モデルが追加されます。
2022年モデルのハートランドは、フラッグシップモデルとスタンダードモデルでスピニングロッドが2機種。長尺で遠投性能に優れ、軽いルアーから比較的重量のあるものまで、非常に幅広いルアーが扱えるロッドに仕上がっています。

また、ルアーフィッシングの対象魚をバス以外にも広げた「ハートランド リベラリスト」が2022年に新登場!ソルトを含め、より幅広い釣りでハートランドの気持ちよさを体感できるようになります!

ブレイゾン 2022年追加モデル

2021年にフルモデルチェンジしたバスロッド「ブレイゾン」に新モデルが追加されます。
スタンダードバスロッドとして高い評価を得ているブレイゾン。誰もが使いやすい特性を備えつつ、操作性や感度・キャストアキュラシーも十分で、コストパフォーマンスに優れたシリーズと言えますね

ブレイゾンの全ラインナップ

2022年の追加機種を含めたブレイゾン全ラインナップの詳細は、次の記事を参考にしてみてください。
実際に使ってみたインプレも記載しています。

出典:DAIWA2022年2月更新(2022年追加機種を追記)「blaze on ー炎、立つー」のキャッチで、2021年に全てが一新された「21ブ...
2022年ブレイゾン追加モデル

ブレイゾンの2022年モデルには、1ピースと2ピースモデルを合わせてベイト6機種・スピニング2機種が追加されます。
いずれも強度に優れたソリッドティップ「メガトップ」を搭載。固めのソリッドティップを採用する事で感度と高い操作性能を備えつつ、喰わせ能力や丁寧に刻むボトムトレース能力に秀でた特性が魅力ですね。

追加機種の性能・スペックは次の通りです。

品名 全長 継数 仕舞 自重 先径/元径 mm ルアー g  ルアー oz ライン lb. ライン PE テーパー カーボン 定価(円)
C64L-ST・BF 1.93m 2※ 165cm 103g 1.2/10.9 1.8~11 1/16~3/8 5~12 XF 88% 17,600
C66M-ST 1.98m 2※ 170cm 113g 1.4/12.9 5~21 3/16~3/4 8~16 XF 89% 18,500
C66MH-ST 1.98m 2※ 170cm 114g 1.2/12.9 7~28 1/4~1 10~20 XF 90% 18,800
C64L-2・BF 1.93m 2 100cm 95g 1.6/8.9 1.8~11 1/16~3/8 5~12 F 85% 16,900
C64L-2・ST・BF 1.93m 2 100cm 98g 1.2/8.9 1.8~11 1/16~3/8 5~12 XF 88% 18,000
C66MH-2・ST 1.98m 2 102cm 120g 1.2/10.9 7~28 1/4~1 10~20 XF 90% 19,400
S61ML-ST 1.85m 2※ 162cm 94g 1.2/10.9 1.8~11 1/16~3/8 4~8 XF 88% 18,500
S61ML-2・ST 1.85m 2 96cm 95g 1.2/9.4 1.8~11 1/16~3/8 4~8 XF 88% 18,900

※1ピースモデルはグリップ着脱式。

「C64L-ST・BF」「C64L-2・ST・BF」はベイトフィネスソリッドモデル。ライトリグを主体とする繊細なベイトフィネスアプローチにいいですね。

「C66M-ST, C66M-2・ST」はバーサタイルベイトロッドのソリッドモデル。ダウンショットやテキサスなどを的確にキャストし、精密にコントロール可能です。

「C66MH-ST, C66MH-2・ST」は、パワーソリッドにカテゴライズされるベイトロッド。テキサスリグやフリーリグといった撃ちモノで、狙い定めたポイントを舐めるようにトレースする事が可能です。

「S61ML-ST, S61ML-2・ST」は、繊細なソリッドティップと強いバットを併せ持ったスピニングロッド。テクニカルなリグ操作と、ショートバイトを一瞬で掛けて寄せる性能が魅力です。

ブラックレーベルトラベル 2022年追加モデル

5ピースのマルチピースロッド「ブラックレーベルトラベル」にも2022年追加機種が登場!バスフィッシングを基軸としつつ、チニングやシーバスなど幅広い魚種に対応する性能が魅力ですね。

追加機種を含め、ブラックレーベルトラベルについての詳細は次の記事を参考にしてみてください。
実際に使用してみたインプレも紹介しています。

出典:DAIWA2022年4月・追加機種情報を更新質実剛健の5ピースパックロッドが新発売されます。バスロッドとして、キャスティン...

ブラックレーベルトラベルの2022年追加機種は次の3モデルです。

C66ML-5

ベイトフィネス領域のワーミングに対応し、小型~レギュラークラスのルアーまで快適なライトバーサタイルなベイトロッド。チニングにも対応します。

C70MH-5

適合ルアー5~28gという幅広いバーサタイル性能を持ち、遠投性能と重量級ルアーへのレスポンスをアップさせたロングバーサタイルなベイトロッド。

S70ML+ -5

あらゆるルアーに対応するロングバーサタイルなスピニングロッド。
2.7g~28gという異例な適合ルアーで、5~6インチクラスの強めなミドストからハードルアー全般、1ozクラスの遠投までカバーします。
チニングにも対応。

まとめ

2022年のバス用タックル新製品は、フラッグシップのスピニングリールが飛躍的な進化を遂げました。
優れたライン放出機能ながら、トラブルの多さ故に廃止されていた密巻き機能を復活・進化させた「22ステラ」、未来感覚の圧倒的な使用感を実現させた「22イグジスト」、両機種とも次世代スピニングリールの基軸となる製品です。

また、多くの釣り人にとって使う機会が多いミドルグレードも充実。オートマチックに最適なキャストを実現し、軽量ルアーにも対応した「22 SLX DC XT」や、熟成された技術で現代バスロッドのスタンダードモデルとも言える「22エクスプライド」など、いずれも使いやすさと性能に優れ、釣り人の技術やテクニックを道具がさらに後押ししてくれます。

目に見えない細かい使用感まで研ぎ澄まされた製品が多いので、自分が多用するタックルの入れ替えを検討する絶好の機会ですね。
まだ試したことがない釣りスタイルや、持っていない番手などから、2022年新製品のパフォーマンスを体感してみるのも良さそうです。

勿論、すでに手持ちのタックルでもバスは十分攻略可能。それぞれの釣り方・スタイルに応じて、2022年も良い釣りを楽しんでください!

現行のバス用アイテム、タックルインプレッション、おすすめ製品

現行のバス用アイテムや、タックルのインプレ、おすすめ製品なども記事にしているので、参考にしてみてください。

※2021年3月12日更新いつかは欲しい!! 2021年現行ベイトリールのおすすめランキングを提案します!「バーサタイル」「ベイトフ...
※2021年3月12日更新いつかは欲しい!!バス釣り用、2021年現行スピニングリールのおすすめランキングを提案します!新しいスピ...
※2022年2月23日更新いつかは欲しい!! 「2021年 現行 バスロッド(ベイト、スピニング)」のおすすめランキングを提案します!...
随時更新中いつも当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。「俺のバス釣りタックル」では、様々なロッドやリール...
バス釣りに必要な道具はロッド、リール、ルアー、ラインの4点。ですが、バスフィッシング用アイテムには多種多様な種類があっ...

2021年の新製品については、次の記事をご覧ください。

新年あけましておめでとうございます!まだまだ厳しい状況もいろいろとありますが、2021年もいい釣りを楽しんでいきましょう...

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-その他
-