リール

何が違う!? ストロングバーサタイル | シマノ バンタム ベイトリール 2022年ニューモデル!!

22バンタム ベイトリール

出典:SHIMANO

2022年、シマノのベイトリール「バンタム」がフルモデルチェンジ!「22バンタム」として新発売されます。

前モデル「18バンタム」は、金属製一体成型のコアソリッドボディーや真鍮製ブラスギアを搭載し、一世を風靡した製品。ロープロファイルベイトリールのコンパクトさはそのままに、高い剛性と巻き上げパワーを実現しました。
握り込んだ際のパーミング性に優れたロープロファイルベイトリールは、ルアー操作を多用するバスフィッシングにおいて主流のアイテム。ただそのコンパクトに収束された形状は、高負荷時で歪みが生じやすく、巻き上げに特化した丸型ベイトリールと比べるとリーリング時のブレが課題となっていました。
そうした課題を解決し、多くのアングラーが求める理想を追求した18バンタムは、高い評価と実績で話題となったベイトリールです。

2022年モデルとなる新バンタムベイトリールは、18バンタムで完成された高剛性ボディをベースに、新たなステージへと進化を遂げました。
それが、”ストロングバーサタイル”と謳われる新境地・新コンセプト。バスフィッシングで最も使いやすいロープロファイルなサイズ感とバーサタイル性能を備えつつ、よりタフでストロングな用途への最適解なバランスを実現しました。

本記事では、「バンタム ベイトリール 2022年モデル」の魅力や特徴、性能を詳しく紹介します。

22バンタム | 魅力と特徴

公式サイト

22バンタム ベイトリール

出典:SHIMANO

22バンタム | 性能・スペック
品番 ギア比 最大ドラグ力 自重 スプール 径/幅 糸巻量フロロ(lb-m) 最大巻上長 ハンドル長 ベアリング数 夢屋ハンドルノブタイプ 夢屋ハンドルタイプ 本体価格
RIGHT 6.2 5kg 215g 35mm/19mm 12-130,14-110,16-100,20-80 68cm 42mm 8/1 A BH-1 40,950円
LEFT 6.2 5kg 215g 35mm/19mm 12-130,14-110,16-100,20-80 68cm 42mm 8/1 A BH-1 40,950円
HG RIGHT 7.1 5kg 220g 35mm/19mm 12-130,14-110,16-100,20-80 78cm 42mm 8/1 A BH-1 40,950円
HG LEFT 7.1 5kg 220g 35mm/19mm 12-130,14-110,16-100,20-80 78cm 42mm 8/1 A BH-1 40,950円
XG RIGHT 8.1 5kg 225g 35mm/19mm 12-130,14-110,16-100,20-80 89cm 42mm 8/1 A BH-1 40,950円
XG LEFT 8.1 5kg 225g 35mm/19mm 12-130,14-110,16-100,20-80 89cm 42mm 8/1 A BH-1 40,950円

※発売日は、RIGHT、HG RIGHT、XG RIGHTが2022年5月、LEFT、HG LEFT、XG LEFTは2022年7月の予定。

「バンタム 2022年モデル」のスペックは上記の通り。最も特徴的な点は、35㎜径という大口径スプールを搭載し、重量級ルアーや遠投性能への対応力をアップさせている点です。
前モデル18バンタムが、バス釣りで最も多用される34㎜径スプールだったので、その口径を1mmアップさせました。
この僅か1㎜という、大きすぎないスプール径アップがポイント。遠投性能や重量級ルアーに対するパフォーマンスを向上させつつ、バーサタイルな使用感を損なわない絶妙な設計と言えますね。
スプール径をアップさせつつ、横幅を狭めるナロー化や、レベルワインドのラインガイド位置調整など、キャストの快適性も底上げ。大口径スプールのメリットを享受しつつ、従来のバーサタイルな特性も備えた、非常にバランスが良いバージョンアップとなっています。

さらに、従来はソルトの大物などを巻き上げるスピニングリールなどに採用され、バス用途では丸型ベイトリールのハイエンドモデル「21カルカッタコンクエスト」にしか採用されていなかったインフィニティドライブを搭載。屈強の高剛性ボディで巻き上げパワーに優れた特性を妥協の無いレベルへと進化させています。

ベイトリールの中心となるバーサタイル性に加え、巻物や撃ち物、重量級ルアーにも対応し、近距離から遠距離までオールラウンドに扱いやすい特性。バーサタイルベイトリールをストロングなステージへと1段階アップさせた新機軸の製品と言えますね。

採用技術・テクノロジー

「22バンタム ベイトリール 2022年モデル」の採用技術・テクノロジーを紹介します。

マグナムライトスプール スリー(MGLスプールⅢ)

「22バンタム ベイトリール」には、最新の「マグナムライトスプールⅢ」を搭載。遠方へのロングキャストから低弾道なショートキャストまで、爽快なキャスト性能が向上しています。

22バンタムのスプール径は35mm。前モデル18バンタムの34㎜径スプールから1mmサイズアップした事で、遠投性能や重量級ルアーへの適合性が向上しています。
その上で、幅を狭めるナロー化や、軽量化によりスプールが低慣性化。僅かな力でもレスポンス良くスプールが立ち上がり、過剰な回転を低慣性な特性が抑えるので、使いやすく伸びのあるキャストフィールに仕上がりました。

インフィニティドライブ

ピニオンギアを2つのベアリングで支える従来構造。その内、回転抵抗の大きかったスプール側ベアリングを、ピニオンギアの内側からスプール軸で支持する構造に変更。ギア強度はそのままに、回転抵抗を大幅に低減しています。

ソルト用のスピニングリールなどに採用されていたシマノ独自の新機能で、バス用途では丸型ベイトリールのハイエンドモデル「21カルカッタコンクエスト」で初採用されました。
インフィニティドライブは、軽い巻き上げを実現する技術で、ロープロファイルベイトリールへの採用は22バンタムが初となります。

マイクロモジュールギア

超小型精密ギアによって、従来にはない"シルキー"な巻きごこちを実現。従来ギアより振動レベルが低く、ギアの噛み合う歯数が増えた事で強度も確保しています。
その精密ギアを、強固で歪みの少ない精巧なボディに収める事で、巻き始めや突発的な負荷が発生した場合なども、しっかりとしたパワーを伝達可能。滑らかな巻き心地と強さを両立しました。

HAGANE(ハガネ)ボディ

軽量で剛性の高い金属ボディで、リールのたわみや歪み、ネジレを抑制。繊細なギアの噛み合わせをガッチリとキープし、スムーズなリーリングを可能にします。

コアソリッドボディー

従来、フレームとは別パーツ構造であったレベルワインドプロテクターとサイドプレートを金属で一体成型。握り込む際のパーミング性能を維持したまま、高い剛性を実現しました。
強い負荷でもたわみ難く、大物とのやりとりやカバーゲームでも安定した巻き心地を発揮します。

SVS ∞ (インフィニティ)

22バンタム ベイトリール

出典:SHIMANO

SVSインフィニティは、外部ダイヤルのみで幅広いセッティングが可能な遠心ブレーキシステム。外部ダイヤルに加えて、リール内部のブレーキシューのON・OFFを調整する事で更に幅広いセッティングが可能です。
特筆すべきは、ビッグベイトやアラバマリグなど、空気抵抗の高い重量級ルアーをより快適に扱えるように、22バンタムには6個のブレーキシューを搭載(前モデル18バンタムや通常のベイトリールは4個)。重量級ルアーから軽いモノまで、多彩なルアーをよりベストなセッティングでブレーキ調整可能です。

サイレントチューン

高速回転時の振動を抑制。キャスト時の静穏性や、スプール回転の立ち上がりを向上させています。

何が変わった?どこが違う? | ストロングバーサタイルの新基軸

22バンタム ベイトリール

出典:SHIMANO

従来のベイトリールは、握った時のパーミングや操作性に優れた”ロープロファイル”、ブレが少なく巻き上げパワーの強い”丸型ベイトリール”といった特性で、それぞれメリットが明確でした。
前モデル18バンタムは、ロープロファイルのメリットをそのままキープしつつ、丸型ベイトリールに迫るリーリングパワーをも獲得。ロープロファイルと丸型ルール両方のメリットを合わせ持つ、ベイトリールの理想を完成させました。

さらに22バンタムでは、ビッグベイトやアラバマリグといった重量級ルアーを扱う大型ベイトリールの特性をプラス。バーサタイルなロープロファイルベイトリールでありつつも、丸型リールのような巻き心地と、大型リールに迫る重量級ルアーへの適応力を兼ね備えた特性に進化しました。

つまり22バンタムは、次の3点を高いバランスで良い所取りしたベイトリールと言えますね。

  • パーミング性に優れたロープロファイルボディ
  • 丸型リールの巻き
  • 大型リールのパワー

正に、ストロングバーサタイルという新基軸に相応しいモデルに仕上がっています。

重量級ルアーの適応力と遠投性能の向上

22バンタム ベイトリール MGLスプールⅢ

出典:SHIMANO

22バンタムは、バーサタイルなロープロファイルベイトリールの特性をキープしつつ、大型ベイトリールのような重量級ルアーへの適合力をアップさせています。

重量のある大型ルアーを扱うには十分なラインキャパが必要。また、キャスト初速のスプール回転が上がりやすいので、小口径スプールでは回転数が頭打ちになり、十分なパフォーマンスが発揮されません。
ところが、キャスト初速の立ち上がりが高回転になりつつも、ビッグベイトやアラバマリグといった重量級ルアーは空気抵抗が大きく、キャスト中盤で失速する傾向があります。
その為、大型ルアーを快適に扱うには、ラインキャパを確保しつつ回転数も制御しやすい「大径スプール」と、キャスト中盤の失速を抑制・コントロールする「高いブレーキ性能」が必要。

例えば、2021年に発売された「スコーピオンMD(モンスタードライブ)」は、超大口径な43mm径スプールを搭載し、遠心ブレーキを制御する内部シューを増やす事で高いブレーキ力を確保。重量級ルアーに最適化した特性を持っています。(通常4個のブレーキシューが、スコーピオンMDは8個)
ただ、大型ルアーへ専門特化させた場合、小型~中型ルアーが扱い難くなってしまい、リール本体の重量もかなり増加します。(スコーピオンMDの自重は315~320g)

それに対し22バンタムは、オールラウンドに使いやすいバーサタイル性能を残したまま、従来より大型ルアーへの適正力を向上させたバランス設計。スプール径は34㎜径から35㎜径にアップ、ブレーキシューは4個から6個へとアップされています。
モンスタードライブのような大型リール程ではありませんが、重量級ルアーを十分扱える特性。プラスして、幅広いルアーも使いやすいバーサタイル性能をキープする”良い所取り”が22バンタムのメリットですね。

物理的なスプール径の向上は、僅か1㎜でもかなり効果があります。
重量級ルアーが快適なだけではなく、遠投性能の向上が期待できる点も見逃せません。
しかし、口径が大きなスプールは、慣性の法則で回転オーバーになりやすく、バックラッシュといったトラブルに繋がりやすいデメリットもありました。
こうしたデメリットを、22バンタムは最新の低慣性「マグナムライトスプールⅢ」で解消。大口径スプールのメリットを享受しつつ、デメリットを最新技術でカバーする、新製品ならではのクオリティに仕上がっています。

加えて、レベルワインドのラインガイド位置を前モデルから変更し、キャスト時のライン放出抵抗も軽減。伸びのある爽快なキャスト性能で、遠投性能や重量級ルアーをより快適に扱えるようになりました。

低慣性スプールとスムーズなライン放出で近距離のキャストをキメやすく、大口径スプールと高いブレーキ力で重量級ルアーへの対応力や遠投性能を向上。オールラウンドにバランスよく性能が高まったリールですね。

巻き・リーリングの進化

22バンタム ベイトリール インフィニティドライブ

出典:SHIMANO

粘り強く丈夫な真鍮ギアを精巧に小型化し、それを歪みの少ない高剛性ボディに搭載する。
旧モデル18バンタムは、ロープロファイルベイトリールとは思えない巻き心地・リーリングパワーを実現しました。

その特性は22バンタムでさらに進化を遂げます。
ロープロファイルベイトリールで初めて採用される”インフィニティドライブ”を搭載し、リーリングがより強く滑らかに。
ソルト用のスピニングや、ハイエンドな丸型リールだけに採用されていた技術によって、よりダイレクトな感覚でパワフルな巻き上げを実現。ボトム感知やルアーが受ける水流抵抗といった変化に対する察知能力も飛躍的に向上しています。

22バンタムは決して軽量なリールではありませんが、ロープロファイルでパーミングしやすいサイズ感のリールとしては、最高クラスなリーリング性能を備えていると言えますね。

バンタム ベイトリール 2022年モデル | おすすめ機種

22バンタムベイトリールのおすすめ機種は次の通りです。

バーサタイル用途にはハイギア

ワーミングから巻物まで最も汎用性が高く、使い勝手の高い機種はハイギアモデルの「22バンタム HG RIGHT(ハイギア右巻き), HG LEFT(ハイギア左巻き)」です。
近年のベイトリールは、全体的に巻き心地やリーリングパワーが向上。その中でも、特に22バンタムは優れた巻き性能を備えています。
その為ハイギアモデルであっても、極端に引き抵抗が大きなルアー以外なら、高いパフォーマンスで巻物に対応可能。さらに、スピーディーなルアー回収や、カバー周りの撃ち物における鋭い巻きアワセが可能な速度も兼ね備えています。

実際、22バンタムと同じインフィニティドライブを搭載する21カルカッタコンクエストは、ハイギアモデルであっても、4m程潜行する20g程度のディープクランクを十分巻けました。

1日中巻き続ける用途ならノーマルギアがおすすめですが、巻物からワーミングまで幅広く使う場合、ハイギアモデルが快適となるシチュエーションが多いですね。
特に最近は、ハイギアモデルがバーサタイル用途の主流になりつつあります。

1日巻き続けるならノーマルギア

22バンタムは、ハイギアモデルでも十分な巻き上げパワーがあります。
ですが、1日ディープクランクを巻き続ける様なシーンであったり、大型スピナーベイトのスローロール、アラバマリグやリップ付きビッグベイトといった引き抵抗が強いルアーを丁寧にリトリーブする用途では、ノーマルギア「22バンタム RIGHT(ノーマルギア右巻き), LEFT(ノーマルギア左巻き)」がおすすめ。
長時間のリーリングでも、余力を残したパワーがブレの無いリトリーブを可能にしてくれます。

22バンタムベイトリールはスプール径が大きい分、ノーマルギアでも十分な巻き上げ速度があります。
ワーミング用途でも極端にスピード不足を感じる事が少ないので、汎用性も高いと言えますね。

撃ち物やワーミング主体ならエクストラハイギア

カバーへの撃ち物やワーミング用途主体であれば、エクストラハイギアの「22バンタム XG RIGHT(エクストラハイギア右巻き), XG LEFT(エクストラハイギア左巻き)」一択。

カバー奥でヒットしたバスを素早く引きずり出したり、太軸のフックを鋭く巻きアワセるシーンにおいて、エクストラハイギアのアドバンテージは絶対的です。
ディープやロングディスタンスでのワーミングでも、ラインスラックを素早く回収してからの巻きアワセが絶大な効果を発揮。素早いルアー回収で、撃ち物をテンポよく展開できる点も魅力ですね。

ベジテーションのフロッグゲームでも、圧倒的な巻き上げ速度がバスのキャッチ率を上げてくれます。
また、22バンタムは遠投も可能なスプール径なので、ロングキャストを多用するヘビキャロ用途にもエクストラハイギアが重宝しそうですね。

まとめ

22バンタム ベイトリール

出典:SHIMANO

最近のバス用ベイトリールは、様々な技術やテクノロジーの進化によって軽量ルアーへの対応力を高めています。
バス用ルアー全般を使いやすいバーサタイルベイトリール機は、小型ベイトリール機の独壇場であった領域を抑えつつありますね。
その上で、小型なベイトフィネス専用機は更に進化し、渓流で扱うような軽量ルアーまで守備範囲を広げています。

そういった他のベイトリールの進化に対し、「22バンタム」は異なる新基軸でバーサタイル性能を進化させました。
丸型ベイトリールのアドバンテージであった「歪みのないボディによる巻き上げパワー」、モンスタードライブに代表される大型ベイトリールの専門分野であった「重量級ルアーの快適性」、この2つの領域へと適合力を高めています。

つまり22バンタムは、バス用のバーサタイルな性能をキープしつつ、巻きを得意とする丸型ベイトリールと、重量級ルアーに強い大型ベイトリールの特性を、それぞれ合わせ持ったベイトール。確かに、各用途で専用に開発されたリールの性能を超える事は無いかもしれませんが、それらがバランスよく、バスフィッシングの中心となるバーサタイルベイトリールに集約されている点がメリットです。

「バンタム 2022年モデル」は、重量級ルアーや引き抵抗の高いルアーを使用しつつ、汎用性にも優れたリールを求めている方におすすめ。複数台揃える必要があった専用リールを1台にまとめたい方にもいいですね。
用途の違うリールは形状が異なり、手に取った時の使用感が変わるので、複数タックルを統一されたボディで使用したい人にもメリットがあります。

また、近距離から遠距離までオールラウンドに扱いやすい特性なので、通常のバーサタイルベイトリールとしても優秀。ヘビーカバーへのアプローチや重量級ルアー等を使用するストロングゲームの機会が少ない方でも、タフで屈強なリールとして持っておいて損はありません。
何かの機会でストロングシーンに挑戦する際、専用リールを1から揃える必要が無くなりますね。

22バンタムは、現代バスフィッシングにおける高いバーサタイル性能を備えつつ、よりストロングな領域へと釣りの幅を広げてくれる1品です。

22バンタム ベイトリール に合うロッド

22バンタム ベイトリールに合わせて、バンタムブランドのバスロッドも2022年にモデルチェンジしました。
基本性能が高くパワフルなバンタムベイトリールには、同一ブランドとコンセプトでバスフィッシングの本質を追求するバンタムロッドがベストマッチ!

バーサタイルにおすすめのロッドは「22バンタム 168M」。バスフィッシングで使用頻度が高い10~20gのルアーに対応し、ハードルアー・ワームを問わず高いパフォーマンスで活躍してくれます。
近距離への精度と遠投性能を兼ね備えた絶妙な長さも魅力ですね。

また、1oz以下のパワーバーサタイル用途には「22バンタム 170MH」がおすすめ。10g以下の撃ち物や底物、ミドルサイズのスイム&ビッグベイト、中量級のスピナーベイトやスイムジグに最適です。

22バンタムベイトリールのストロングなパワーを活かすのであれば、フロッグゲームにも対応できるソフトティップと、ヘビーカバーにアプローチできるパワーを合わせ持った「22バンタム 172H」が有力候補。

22バンタムロッドは、スタンダードな1ピースモデルだけでなく、特殊な2ピース構造で最適なロッド調子を実現した機種もラインナップされています。

ワンアンドハーフモデル(ティップとベリー部分130cmと、短いバット部分の2ピース構造)の「22バンタム 168XH-SB/2」は、4ozクラスまでのビッグベイトを高い精度でキャスティング可能で、大型ルアーの操作性に優れたストロングロッド。
また、ビッグベイトやスイムベイト、スイムジクといった大型ルアーへの遠投性能を高めた「22バンタム 1711MH+-SB/2」も魅力的なロッドです。

ベイトリールのランキング、バスフィッシング関連記事など

バンタム2022年モデルの他にも、様々な新製品やベイトリールについて記事にしています。
タックルのインプレッションやバスフィッシング攻略などもまとめているので、興味をお持ちの方はご覧ください。

いよいよ2022年のバスフィッシング用 NEWアイテム・新製品情報が解禁されました!新技術満載のNEWモデルから、従来シリーズの...
※2021年3月12日更新いつかは欲しい!! 2021年現行ベイトリールのおすすめランキングを提案します!「バーサタイル」「ベイトフ...
数あるバス関連サイトの中から、「俺のバス釣りタックル」にご訪問いただき誠にありがとうございます。当サイトでは、バス用...

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-リール
-, ,