ロッド

これからバス釣りを始める方~ベテランにもおすすめ! | ダイワ バスロッド 「バス X」

ダイワ バスX

出典:DAIWA

ダイワの「バスX」は、エントリーモデルとしてラインナップされているバスロッド。
実売価格が6,000円~1万円というリーズナブルなモデルながら、バスフィッシングの各用途に特化した多彩なラインナップが魅力です。

なので「バス X」は、これから”本格的”にバス釣りを始めてみたい方におすすめのロッドと言えます。
昔バス釣りをしていて、またやってみたくなった..といった方にもいいですね。2万円少しの予算があれば、ロッドとリール、ルアーとラインといった道具一式をそろえる事も可能。
本記事では、ロッドのおすすめ機種を中心に、リール・ルアー・ラインまで紹介します。

また、ベテランの方でも、ベイトフィネスやビッグベイトなど、今ままで手を付けてこなかった釣り方を気軽に試せるロッドと言えるのではないでしょうか。
まずは「バス X」の気に入った機種で釣りを試してみて、自分のスタイルとして確立していくに合わせて、より性能の高いタックルを検討してみてもいいかもしれません。
釣りの幅を広げるチャンスですよね。

全機種がセンターカット2ピースなので、持ち運びに便利な携帯用のロッドとしてもおすすめです。

定番!! これからバス釣りを始める方におすすめ機種

バスX スピニングロッド

「バス X」は、さまざまなバスフィッシングのスタイルに特化したシリーズ。
その豊富なラインナップの中から、これからバスフィッシングを始める方や、初心者の方におすすめの機種を紹介します。

ここで紹介する番手はバス釣りの定番とも言えるモデルで、手持ちタックルの幅を広げたいベテランの方にもいいですね。

ロッドを選ぶ基準 - 長さ(レングス)

バスロッドを選ぶ基準の1つに、ロッドの長さ(レングス)があります。
レングスが長い方が、飛距離を出しやすく、遠投先でバスがヒットした時にも強い力でフッキング可能。
その反面、短いロッドは、頭上や背面に茂みがあるような小規模な場所での取り回しが良く、使いやすいのがメリットと言えます。

初心者の場合、できるだけ短いロッドの方が使い勝手が良く、キャストも正確になり、結果的に釣れやすくなるのでおすすめ。
ロッド全体を使いこなしていれば、短い機種でも十分に飛距離が出ます。
逆に長いロッドは、使いこなす事で真価を発揮するので、練習を積み重ねて釣りをマスターしたい方に最適。

おすすめの定番機種・番手

これからバス釣りをスタートする方や、復帰される人が1から揃える場合におすすめのロッドは次の通り。いずれも、汎用性の高い機種になっています。

642LS, 662LS, 6102LS | フィネスバーサタイルのスピニングロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
642LS 1.93 2 100 92 1.5/9.9 0.9~7 1/32~1/4 2.5~6 88
662LS 1.98 2 103 93 1.5/9.9 0.9~7 1/32~1/4 2.5~6 88
6102LS 2.08 2 108 98 1.5/10.4 0.9~7 1/32~1/4 2.5~6 88

ワームによるライトリグを繊細に扱えるスピニングロッド。
ワームはバスを釣りやすいルアーで、とにかく初めてのバスを手にしたい方におすすめです。

スピニングタックルはトラブルが少なく、扱いやすいのも魅力。
シャッドやミノー等、1/4oz(7g)以下であればハードルアーも使えます。

642MLS, 682MLS | ライトバーサタイルのスピニングロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
642MLS 1.93 2 100 94 1.6/10.4 1.8~11 1/16~3/8 4~8 88
682MLS 2.03 2 106 98 1.6/10.7 1.8~11 1/16~3/8 4~8 87

さまざまなワームや、3/8oz(10.5g)以下のハードルアーを使えるスピニングロッド。
バスを釣りやすいワームや小型のハードルアーで、いろいろな釣り方を楽しみたい方におすすめです。

スピニングタックルはトラブルが少なく、扱いやすいのも魅力。
1/4oz(7g)以下であれば、スピナーベイトやチャターベイトにも対応可能です。

632MLB, 662MLB | ライトバーサタイルのベイトロッド

ダイワ バスX ベイトロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
632MLB 1.91 2 100 103 1.8/10.4 3.5~14 1/8~1/2 6~14 88
662MLB 1.98 2 103 108 1.8/10.8 3.5~14 1/8~1/2 6~14 87

小型~中型のルアー全般を快適に使えるベイトロッド。
投げやすいパワーなので、バスフィッシングをベイトタックルで始めたい方におすすめです。

ハードルアーだけでなく、ある程度重さのあるワームも使えるのが魅力。
1/4oz(7g)~1/2oz(14g)のハードルアー、3.5g前後のシンカーを使ったソフトベイト、高比重ワームなどに最適です。
スピナーベイトやチャターベイトなら、1/4oz(7g)~3/8oz(10.5g)あたりまで対応可能。

632MB, 662MB, 6102MB | バーサタイルのベイトロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
632MB 1.91 2 100 109 2.1/10.8 5~21 3/16~3/4 8~16 88
662MB 1.98 2 103 116 2.0/11.4 5~21 3/16~3/4 8~16 88
6102MB 2.08 2 108 125 2.0/11.9 5~21 3/16~3/4 8~16 87

バスフィッシングで最も多用するルアー全般にベストなベイトロッド。
ハードルアーであれば1/4~3/4oz(7~21g)、スピナーベイトであれば3/8oz(10.5g)あたりが快適です。
3/16~1/4oz(5~7g)のシンカーを用いたワームにも最適。

いろいろな釣り方の中心とも言えるロッドで、バスフィッシングを極めたい人が最初に選ぶモデルとしてもおすすめです。

672MHB, 6102MHB, 722MHB | ヘビーバーサタイルのベイトロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
672MHB 2.01 2 105 125 2.2/12.4 7~28 1/4~1 10~20 89
6102MHB 2.08 2 108 133 2.2/12.9 7~28 1/4~1 10~20 89
722MHB 2.18 2 113 139 2.2/13.4 7~28 1/4~1 10~20 90

重量級ルアーを扱えるパワーロッド。
3/8~3/4oz(10.5~21g)を超えるハードルアーや、1/2oz(14g)前後のスピナーベイトなどが快適です。
3/8oz(10.5g)位までのテキサスリグやラバージグにも使用可能。

初心者向けではありませんが、ヘビーロッドの中では使いやすいロッドなので、ストロングスタイルの入門用に最適です。

バスXにおすすめのリール

ベイト用のリールは同じシリーズの「バスX 2019年モデル」、スピニング用のリールは「レブロス 2020年モデル」がおすすめ。
どちらも6,000~8,000円程度の実売価格ながら、十分な性能を持っています。

ベイトリール「バスX」はトラブルの少ないマグネットブレーキで、いろいろなルアーを投げやすい小径スプールが特徴。
「レブロス」は、丈夫さと軽量コンパクトな特徴を持つLTコンセプトのスピニングリールで、従来の同価格製品より高性能です。
スピニングリールは、スプール径の大きな2500番台の方がトラブルが少なくておすすめ。ただ、2000番台の方がリール本体が軽量で、より繊細なルアーの扱いに向いています。スピニングリールに慣れている方で、軽いルアーをメインに使うのであれば、2000番台がいいですね。

これからハス釣りを始める方であれば、予算2万円以内でロッドとリールを揃える事ができますね。
手軽に始めるのであれば3,000~5,000円程度の釣りセットがおすすめですが、本格的なバスフィッシングをスタートするのであればこの価格帯が1つの目安。
余った予算に少し足せば、ライン(糸)やルアーもしっかり準備できます。
ルアーやラインについては、次の記事も参考にしてみてください。

プラスチックや金属製のルアーで、大きな魚を釣るのがバスフィッシングの醍醐味。ですが、ルアーにはた...
バス釣りには、ロッドやリール、そしてルアーが必要。またつい忘れがちですが、重要な道具の1つにライン...

ステップアップするなら

これからバス釣りをスタートする方、または昔やっていたバス釣りを再スタートする方であれば、、2万円前後で道具一式(ロッド・リール・ルアー・ライン)が揃います。

ですが、バス釣り用の道具には、より高価でハイスペックな製品も存在。
中にはとんでもなく高価なハイエンドモデルもありますが、性能的な目安としては2万円前後のリールまたはロッドがおすすめです。
このクラスであれば、賞金がかかっているバスフィッシングトーナメントや、プロの釣りガイドの方でも使っているほどの品質があり、快適で十分な性能を発揮してくれます。

その中でも、特にベイトリールは価格による性能差が歴然。
飛距離はもちろん、軽いルアーを投げる適応能力、耐久性能といった性能が大きく変わってきます。

なので、もし初めから高性能な道具を使ってみたい場合、グレードの高いベイトリールから購入する事をおすすめします。
おすすめのベイトリールは「タトゥーラSV TW 2020年モデル」。
ハイエンドモデルに匹敵するパフォーマンスがあり、カスタムパーツで更に使いやすくする事もできます。
まずはこのリールを、エントリーモデルのロッドで使い込んでみるのがベスト。
長年使える品質なので、先々で高価なロッドを購入した時にでも、リールはそのまま使えますね。

ロッドに関しては、ある程度の経験があった方が性能の違いを活かせます。
十分にウデを磨いてから、よりグレードの高い製品を検討するのがいいですね。

スピニングリールも高価なモデルの方が、細いラインを使った繊細な釣りが圧倒的に快適で、耐久性も優れています。
ある程度釣りをしてみて、スピニングの使用率が高いようであれば、より高価なリールへの乗り換えがおすすめ。

特選!! ベテランにもおすすめの特化モデル

ダイワ バスX ベイトロッド

「バスX」は、エントリーモデルのロッドシリーズながら、バスフィッシングに特化した専用番手が多いのも特徴。
ビッグベイト用ロッドやベイトフィネス、ソリッドティップなど、まずはお手頃なバスXで試してみるのもいいですね。

自分のスタイルとして、新しい引き出しとして、使用頻度が高まりそうであれば、より性能の高いモデルで同じ特性の機種を探してみるのも良さそうです。

バスXの特化機種

バスXの中でも、さまざまな用途に特化した専用番手を紹介します。

642LB, 682LB | ベイトフィネス用ロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
642LB 1.93 2 101 98 1.5/9.9 1.8~11 1/16~3/8 5~12 88
682LB 2.03 2 106 108 1.5/10.4 1.8~11 1/16~3/8 5~12 89

ベイトタックルでライトリグを快適に使えるベイトフィネスロッド。
スモラバ、ネコリグ、ダウンショット、ノーシンカー、5g程度のシャッドや9g前後のミノーにも最適です。

ライトリグの使用はベイトフィネス専用リールの方が快適ですが、最近のバーサタイルリールは軽量ルアーへの適正が向上しているので十分対応可能。
ベイトフィネスをまだやってみた事が無い方におすすめの機種と言えます。

722HB | ヘビーカバー対応のベイトロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
722HB 2.18 2 113 141 2.4/13.9 11~42 3/8~1・1/2 12~25 91

ウィードや浮き藻がビッシリと生い茂るような季節や、シャローのヘビーカバーに対応できるベイトロッド。
ジグやテキサスを撃ち込む、浮き藻にフロッグを投げる、スイムベイトや重量級ハードルアーを投げ倒すのに最適です。
長さがあるので、大規模フィールド攻略用にもいいですね。

752XHB | ビッグベイトに対応するベイトロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
752XHB 2.26 2 117 158 2.5/14.9 14~56 1/2~2 14~30 92

前述の722HBをよりパワーアップさせたベイトロッド。
難攻不落のヘビーカバーへのフリッピングやパンチング、ビッグベイトの遠投まで対応したパワーモデルです。

ビッグベイトやヘビーカバー攻略など、これからパワーフィッシングに挑戦してみたい方におすすめ。

622ULS | 超フィネスに対応するスピニングロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
622ULS 1.88 2 98 84 1.2/8.9 0.45~3.5 1/64~1/8 1.5~4 86

ウルトラライトパワーで、超軽量なフィネスを操作するスピニングロッド。
1gクラスのスモラバやI字形ルアー、3gクラスのプラグや虫系ワームなど、バーサタイルスピニングよりさらにフィネスなアプローチに最適です。

今まで以上の超軽量フィネスに挑戦してみたい方におすすめ。

622ULS-ST | 繊細なソリッドティップの超フィネス対応スピニングロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
622ULS-ST 1.88 2 98 85 0.8/8.9 0.45~3.5 1/64~1/8 1.5~4 87

僅かな変化にも追従できるソリッドティップを搭載したウルトラライトのスピニングロッド。
軽量なスモラバや3インチ以下のネコリグなど、超フィネスなライトリグを喰わせ重視で使いたい方におすすめです。
バスが低活性になる極寒の冬や、ナーバスな春先など、繊細なソリッドティップが効果的。

642L/MLS-ST | 繊細なソリッドティップの万能スピニングロッド

品名 全長(m) 継数(本) 仕舞(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) ルアー重量(g) ルアー重量(oz.) ライン(lb.) カーボン含有率(%)
642L/MLS-ST 1.93 2 100 94 1.0/10.4 1.4~9 1/20~5/16 2.5~6 84

僅かな変化にも追従できるソリッドティップと繊細な穂先を持ちながら、しっかりとした強さも兼ね備えたスピニングロッド。
ワームによるライトリグを喰わせ重視で操作可能で、シャッドなどの小型プラグにも対応します。

ある程度の汎用性があり、その上でナーバスなバスへの喰わせ性能を求める上級者向けのロッド。

バスXに合うリール

ロッドに合わせてリールも追加する場合、お手頃なリールとしては、ベイトリール「バスX 2019年モデル」や、スピニングリール「レブロス 2020年モデル」がおすすめです。スピニングリールはトラブルの少ない2500番台が最適ですが、取り扱いに慣れている方であれば、ULのロッドには2000番台が良さそうですね。
十分にバス釣りを楽しめる性能で、実売価格が6,000~8,000円程度なのが魅力。

予算が許すのであれば、できれば2万円前後のリールを揃えておいた方が、長期的に快適に使え、長い目で考えたコストパフォーマンスは高くなります。

特にベイトリールは、グレードによる性能差が顕著。
「タトゥーラSV TW 2020年モデル」なら、トラブルレスで汎用性が高く、軽量ルアーも投げやすいのでおすすめです。浅溝シャロースプールも別売されているのが魅力。
質感やデザイン、耐久性といった性能も、昔はこの価格では考えられない程、劇的に進化しています。

また、ベイトフィネスに特化するのであれば、やはり専用リールが快適。
おすすめは「アルファス AIR TW 2020年モデル」で、従来機種からフィネス性能が大幅に向上しています。

おすすめのリールについては、こちらの記事もチェックしてみてください。

いつかは欲しい!! 2020年現行ベイトリールのおすすめランキングを提案します!「バーサタイル」「ベイト...
いつかは欲しい!!バス釣り用、2020年現行スピニングリールのおすすめランキングを提案します!新しいス...

まとめ

「バスX」は、購入しやすいエントリーモデルのバスロッドでありながら、用途別にラインナップが豊富な点が魅力のシリーズです。
これからバス釣りを始める方はもちろん、バス釣りに復帰される方や、今まで自分が使ってこなかった機種のお試しとして最適。

確かに、操作性や感度といった性能は、より高価なモデルの方が優れているので快適です。
ですが、ロッドはある程度使い込まないと、より高い性能を活かしきれない可能性も。
なので、それぞれ特化されたロッドをまずはエントリーモデルで使いこなし、十分に慣れた頃にステップアップするのもいいですね。
自分に合う釣り方、好みのスタイルなど、いろいろな機種を手軽に試せるのが、バスXメリットです。

  • 642LS, 662LS, 6102LS:フィネスバーサタイルのスピニングロッド
  • 642MLS, 682MLS:ライトバーサタイルのスピニングロッド
  • 632MLB, 662MLB:ライトバーサタイルのベイトロッド
  • 632MB, 662MB, 6102MB:バーサタイルのベイトロッド
  • 672MHB, 6102MHB, 722MHB:ヘビーバーサタイルのベイトロッド
  • 642LB, 682LB:ベイトフィネス用ロッド
  • 722HB:ヘビーカバー対応のベイトロッド
  • 752XHB:ビッグベイトに対応するベイトロッド
  • 622ULS:超フィネスに対応するスピニングロッド
  • 622ULS-ST:繊細なソリッドティップの超フィネス対応スピニングロッド
  • 642L/MLS-ST:繊細なソリッドティップの万能スピニングロッド

現行バスロッドのランキングも記事にしているので、興味をお持ちの方はチェックしてみてください。

いつかは欲しい!! 「2020年 現行 バスロッド(ベイト、スピニング)」のおすすめランキングを提案します...

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ロッド
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル