ロッド

ワールドシャウラ 1581F-2(ブルータイプ) インプレ

ワールドシャウラ

「ワールドシャウラ 1581F-2」のインプレをレビューします。

ワールドシャウラ 2631FF-2が良い感じだったので、ベイトモデルも入手しちゃった1本。
ショートロッドが手持ちが無かったので、シマノ定番の1581をチョイスしました。

使用感と特徴

その1581F-2ですが、
超楽しい竿!!!

まず投げて楽しい!
7gのクランクから1/2ozのジグまで、竿にしっかりと重みを乗せてビュンビュン飛ばせます。よくネットのインプレで言われるように、自分のキャスティングが上手くなったと勘違いする程、投げやすい竿です。

あと、魚掛けて楽しい!!
とにかくロッドがよく曲がり、でも芯に強いパワーがあって、強引に竿のパワーで引っ張り上げる事ができます。サイズに関わらず、思いっきりフッキングでバンバン魚を寄せるイメージです。

1581F-2の性能

スペックは以下の通り。
(全長1.73m、仕舞寸法130cm、アクション:F、ライン:4-10LB、ルアー:5〜20g)

最近のワールドシャウラは高感度・軽量のレッドタイプに移行しつつありますが、この型番はまだブルータイプのみです。ただ、初期型のワールドシャウラと異なり、1581F-2はスパイラルX採用となっています。

個人的に、スパイラルX採用モデルは感度が上がる分、竿が硬くなるイメージがあったのですが、この1581F-2に限っては、より粘りが増したように感じます。同じようなスペックの15101F-2(スパイラルX非採用)と比べても、魚がかかった後のパワーは1ランク上がった印象でした。

1581F-2は、ショートレングスなのにしなやかでキャストしやすく、魚がかかれば粘り強いパワーを発揮する、使っているうちにルアーフィッシングが一層楽しくなるロッドです。

 

※2019年、ワールドシャウラ(青モデル)と同等性能と評価が高い「スコーピオンロッド」がリリースされました!

 

最新のワールドシャウラについては、次の記事も参考にしてみてください。

世界中のルアーフィッシング対象魚に挑み続ける「シマノ ワールドシャウラ」。バスロッドとしても古くか...

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ロッド
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル