リール

シマノ クロナークci4+(CHRONARCH ci4+) インプレ

一番最近入手したリール、シマノ クロナークci4+、通称クロコーチです。
2013年に北米のショーで発表されてから、個人輸入しようかどうしようか迷ってた一品。
いやぁ、待ってて良かった^^

やっぱり国内版の方がサポート&メンテナンスが安心b

使用感

まずはこのリール
デザインがいい!!

基本、リールの前後(サムレストからクラッチ)が平たい方が好きです。
握りやすいし、ルアーの振動や微妙なアタリが伝わりやすい気がします。
平ら感なら、ダイワのジリオン、TD-Z 、シマノのアルデバランが好み。。

クロナークは、サムレストが前に出っ張っていて少し沈み込んでいる感じなので、ジリオン程握りやすくないですが、2013年モデルのメタニウムよりは全然持ちやすい!

ギアが真鍮製なのも丈夫そうですし、パワーグリップⅡのノブは持ちやすい。それでいて、左右のバランスが悪くない。重量も185gと軽すぎず、ヘビーな竿とも合わせやすそうです。

最終的にメインに選んだのは

ただ、最終的にメインに選んだのは

メタニウム2013

でした。
メタニウムの感想はまた機会を見て。

あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)

 

現行リールのランキングも記事にしているので、参考にしてみてください。

いつかは欲しい!! 2020年現行ベイトリールのおすすめランキングを提案します!「バーサタイル」「ベイト...

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-リール
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル