小物

偏光グラスの曇り止め

バス釣りにサングラス、特に偏向グラスは必需品。
まだロッドやリールをそれほど充実していなかった頃から、思い切って高価なサイトマスターを購入。やはり、イイ物は末長く使えてます。

偏向グラスの大敵  |  曇り

サイトマスターの使用はめちゃ満足なのですが、

季節や条件によって、結構な頻度で曇りますっ><

汗をかきやすい夏場、防寒を着込んで息がたまる冬場、雨で湿気の多い時など、とにかく様々なシーンでサングラスは曇ります。
コーティングが効いている新品の頃はマシな場合もありますが、それでも長時間使用していると曇りは出てきます。最近だと、フェイスガードやマスクで籠った息によって曇ったりしますよね。

そこで、いろいろな「曇り止め」を試してみました。

曇り止めの種類

「曇り止め」には、次のような様々なタイプがあります。
本物の眼鏡用であれば、レンズを傷つけないような商品になっているので、できるだけちゃんとした物を使う方が良さそうです。

スプレータイプ

レンズに液体を吹きつけ、布などで拭き取るタイプ。ムース状のものもあるようです。

メリットは、簡単にレンズ全体に吹き付けられる点。
拭き方によっては水アカがつくこともあり、ムラができるのがデメリット。

ジェルタイプ

レンズにジェルをなじませて最後に拭きとるタイプ

比較的、長持ちするのがメリット。
デメリットは、水や汗で濡れたら効果が落ちることもある点。

クロスタイプ

メガネ拭きのように、レンズを拭くことによって曇り止め成分を馴染ませるタイプ。

メリットは、拭くだけで曇り止めできる簡単さ。
デメリットは、クロス自体が湿っていたり、水で濡れていると使えない場合がある点。

1日を快適に過ごすなら、使い捨てシートタイプ!

様々な「曇り止め」を試しましたが、意外と効果が長持ちするので快適でした。
ですが1日釣りをしていると、どうしても途中で効果が切れて、グラスが曇り出してしまいます。

いろいろ悩んだ挙句、最近はパック分けされている「使い捨てシートタイプ」の曇り止めクリーナーを使っています。数パック持ち歩いておけば、途中で曇り止めの効果が切れても、釣り現場でふき取ることができます。

また、曇り止め効果だけでなく、レンズクリーナーとしても機能するので便利!

使い捨てのレンズシートの中でも、「メガネクリンビュー」の曇り止め効果は抜群でした。少し高いのがネックですが、使い捨ての中でもかなり長持ち。
単純にレンズを掃除するだけであれば、薬局やコンビニで売っている安価な物でも良さそうです。

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-小物
-

© 2020 俺のバス釣りタックル