ルアー

ラッキークラフト キャットバグ

ラッキークラフトの「キャットバグ」、バスブーム後半に手入した思い出のルアーです。
廃盤になってずいぶん経ちますが、未だにストックを持ち続けています。
ここ1番のタフな条件で、多くのバスを釣り上げてくれました。

ノイジーブームの昨今、リメイクされないかな^^

とか割と本気で期待してます。

可動式のフィンがキモ

最大の特徴である可動式のフィン。

ココがキモっ!

キャスティング時は、フィンが折りたたまれることで空気抵抗を減らし、飛距離を稼ぎます。

ただし可動式のフィンは、通常のノイジーとしての泳ぎ出しが悪かったり、ラインに絡みやすかったり、弱点にもなっていた部分。ですが、それ以上に投げやすさと飛距離のメリットを感じる機構。

どうしても気になる場合は、接着して固定してもいいので、重宝した仕組みです。

釣れるタイミング

キャットバグで釣る時は、カポカポと泳がせた後のステイが多かったです。
リトリーブ中にガボッと魚が出てくることもありましたが、ライトリグでも反応しないようなピーカンの真昼間に、ステイ中のキャットバグに40upが浮いてくることも!

これ、ゆらゆら動くフィンに反応してるんじゃね?!

とか思えるほど。
とにかく、釣れればデカいのが多かったルアー。

まとめ

キャットバグは、普段使う機会が少なかったですが、他のルアーでは反応を得られない時に多用したルアー。
10g後半の自重という、扱いやすいサイズも良かったです。

本当にリメイクされればいいのにw

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ルアー
-

© 2020 俺のバス釣りタックル