リール

SLP WORKS | 2020 タトゥーラ (TATULA) SV TW 用 105 シャロースプール

20タトゥーラSVTW シャロースプール

出典:SLP WORKS

ダイワの2020年新製品ベイトリール「タトゥーラSV TW」に、早くも「シャロースプール」が登場!

8月に、SLP WORKSから「20TATULA SV TW 105スプール」として発売されています。SLP WORKSはダイワ製品のアフターサービスセンターでもあるので品質も安心!

20タトゥーラSVTWに浅溝・シャロースプール登場!!

20タトゥーラSV TWは、スモラバからビッグベイトまで対応!...を謳う最新のバーサタイルベイトリール。とはいえ、2g台のスモラバを扱うには、使用するラインやロッドなど、ある程度のセッティングが不可欠でした。

ですが、ここにシャロースプールが登場することで、より幅広いセッティングによる軽量ルアーへの対応力がアップしそうです!
ベイトフィネス的な用途にも期待できますね。

浅溝・シャロースプールの性能

ダイワ 20タトゥーラSV TW SLP 浅溝 シャロースプール

出典:SLP WORKS

スペック カラー レッド/パープル, 自重(g) 14, 標準巻糸量ナイロン(lb-m)12-40~80 14-35~70, スプール径(mm)32, 希望本体価格(円)7,000

気になるスペックですが、32mm径スプールに「12lbで40m〜80m」「14lbで35m〜70m」というラインキャパ。ノーマルより約20%程度、糸巻量が減るようです。
材質は超々ジュラルミン製。自重が重めな印象ですが、シャフト付きでベアリングが込みであることを考えると十分軽量。浅溝・シャロースプール以外がノーマルと同じであるなら、耐久性も十分と言えそうです。

また、レッドとパープルという2種類のカラーバリエーションがあることも、カスタム好きには嬉しいポイント!

用途 | ベイトフィネス向け?

ベイトフィネス専用機が 8lbライン40~50m 程度のキャパである事を考えると、今回の 20TATULA SV TW 105スプール はベイトフィネス特化型ではありません。
元々20タトゥーラSV TWが対応していたベイトフィネスに近い領域を、さらに快適にしつつも、あくまで十分な太さのラインで遠投を含めたバーサタイルな使用想定と言えそうです。

ノーマルでもストレスフリーな20タトゥーラSV TWですが、浅溝のシャロースプールで糸巻量が減ることで、より快適度がアップしそうですね。
糸巻量の減少は、スプール全体の重量を軽くするので、キャスト時にスプールが回転する最初の立ち上がりが向上。特に、比重の高いフロロラインで顕著に違いが出ます。
強い力でなくてもスプールが安定して回転するので、軽めのジグや高比重系ワームをスムーズに撃ち込む、空気抵抗が高めなルアーをよりストレスフリーに使う、といった全体の使用感がアップ。
最も向上が期待できるのは、オカッパリでよく使う小型~中型ルアーのキャスタビリティやキャストフィールではないでしょうか。

またこのラインキャパであれば、立ち上がりの良いスプールのキャスト精度を活かし、ビッグベイトをピンスポットに打ち込む...といった用途にも使えそうです。

CT SV や SVライトリミテッド との違い

ベイトフィネス特化ではありませんが、20TATULA SV TW 105スプールは、やや太めのラインで強めなベイトフィネスを可能とする「スティーズCT SV TW」等のCT SVリールや「SV ライトリミテッド」といったベイトリールに近い特性かもしれません。

機種 12lbラインの糸巻量 14lbラインの糸巻量
20TATULA SV TW 105スプール 40~80m 35~70m
CT SV リール 35〜70m 30~60m
SV ライト リミテッド 25~50m ~45m

ただ、同じ32㎜径スプールのSVライトリミテッドや、スティーズCT SV TW等の30㎜径のCTスプールと比較した場合、若干糸巻量が多い設計です。
あくまでもバーサタイルな用途でのレスポンスアップを想定したスペックですね。結果として、より軽量なルアーも快適になるので、全体の使い勝手は広がります。

ノーマルスプールとの使い分け

浅溝のシャロースプールは、投げにくいとされるルアーでより気持ちいいキャストを提供してくれます。
その反面、投げやすいルアーでロングキャストする場合は、ある程度スプールに重量を持たせて、回転に慣性が付きやすい方が有利な場合も。
遠投主体の場合はラインキャパも多い「ノーマルスプール」、近距離や中距離メイン・小型~中型ルアー中心であれば「20TATULA SV TW 105スプール」といった使い分けが考えられます。

まとめ

発売以来、ただでさえ評価の高い20タトゥーラSVTWが、シャロースプールの登場によって、さらに活躍してくれることになりそうです。

軽量ルアーでも投げやすいベイトリールは増えてきていますが、20タトゥーラSVTWは、32㎜という小径すぎないスプール径が初心者にも扱いやすい設計。さらに、コンパクトで持ちやすく、タフで剛性が高いのに、重すぎない190gというボディ。
ここにシャロースプールが加われば、その幅広い使用用途がより快適になり、そのコストパフォーマンスの高い使い勝手は想像を絶します。
予備のスプールとして使うにも十分なラインキャパは魅力。

ベイトリール初心者の方にもおすすめできますし、ベテランの方にも使い心地が良いリールになりますね!

20タトゥーラSVTWのインプレも記事にしているので、参考にしてみてください。

2019年12月にモデルチェンジされたベイトリール「タトゥーラSV TW 2020年モデル」のインプレをレビュー...

キリのよい糸巻量ではないカスタムスプールの場合、ライン量が把握しやすいラインがおすすめです。

コスパ最強のフロロライン、シーガー「フロロマイスター」のインプレッションを主張します!フロロマイ...

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-リール
-, , , ,

© 2020 俺のバス釣りタックル