リール

SLP WORKS | 2020 タトゥーラ (TATULA) SV TW 用 105 シャロースプール

20タトゥーラSVTW シャロースプール

出典:SLP WORKS

ダイワの2020年新製品ベイトリール「タトゥーラSV TW」に、早くも「シャロースプール」が登場!
8月に、SLP WORKSから「20TATULA SV TW 105スプール」として発売されます。

20タトゥーラSVTWに浅溝・シャロースプール登場!!

20タトゥーラSV TWは、スモラバからビッグベイトまで対応!...を謳う最新のバーサタイルベイトリール。とはいえ、2g台のスモラバを扱うには、使用するラインやロッドなど、ある程度のセッティングが不可欠でした。

ですが、ここにシャロースプールが登場することで、より幅広いセッティングによる軽量ルアーへの対応力がアップしそうです!
ベイトフィネス的な用途にも期待できますね。

浅溝・シャロースプールの性能

スペック カラー レッド/パープル, 自重(g) 14, 標準巻糸量ナイロン(lb-m)12-40~80 14-35~70, スプール径(mm)32, 希望本体価格(円)7,000

気になるスペックですが、32mm径スプールに「12lbで40m〜80m」「14lbで35m〜70m」のラインキャパ。ノーマルより約20%程度、糸巻量が減るようです。
材質は超々ジュラルミン製。自重が重めな印象ですが、シャフト付きでベアリングなど込みであることを考えると十分軽量。浅溝・シャロースプールな点以外はノーマルと同じであるなら、耐久性も十分と言えそうです。

また、レッドとパープルという2種類のカラーバリエーションがあることも、カスタム好きには嬉しいポイント!

用途は? | CT SVやSVライトリミテッドとの違い

同じ32㎜径のSVライトリミテッドや、スティーズCT SV TWといった30㎜径のCTスプールより若干糸巻量が多いので、ベイトフィネス特化型というよりは、バーサタイルな用途でのレスポンス向上を想定していると思われます。

軽めのジグを近距離へ打ち込む、空気抵抗が高めなルアーをよりストレスフリーに使う、といった使用感のアップが期待できます。
またこのラインキャパであれば、立ち上がりが良いキャスタビリティで、ビッグベイトをピンスポットに打ち込む...といった用途にも十分対応してくれそうですね。

まとめ

発売以来、ただでさえ評価の高い20タトゥーラSVTWが、シャロースプールの登場によって、さらに活躍してくれることになりそうです。

軽量ルアーでも投げやすいベイトリールは増えてきていますが、20タトゥーラSVTWは、32㎜という小径すぎないスプール径が初心者にも扱いやすい設計。さらに、コンパクトで持ちやすく、タフで剛性が高いのに、重すぎない190gというボディ。
ここにシャロースプールが加われば、その使用用途の広がりは想像を絶します。
予備のスプールとして使うにも十分なラインキャパも魅力。

ベイトリール初心者の方にもおすすめできますし、ベテランの方にも使い勝手が良いリールになりそうです!

20タトゥーラSVTWのインプレも記事にしているので、興味をお持ちの方は参考にしてみてください。

ダイワ 20 タトゥーラ SV TW | 実釣インプレ - 俺のバス釣りタックル
ダイワ 20 タトゥーラ SV TW | 実釣インプレ - 俺のバス釣りタックル

今回の実釣では、どの程度までのベイトフィネスに対応できるのかを確認するため、1/16ozのネイルシンカーを使ったスナッグレスネコリグ、ノーシンカー、2g前後のスモラバ、3/16oz+ドライブスティック ...

続きを見る

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-リール
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル