ロッド

シマノ エクスプライド(EXPRIDE) 166M-2 インプレ

シマノ エクスプライド

シマノ エクスプライド 166M-2です。
(1.98m、M、レギュラーファースト、ライン:10-20LB、ルアー:7〜21g)

6.6フィートのミディアムパワーのベイトロッドで、1ピースと2ピースモデルがあります。まさにオカッパリバーサタイルで、最初に購入を検討する1本だと思います。

確かに、5gのライトテキサスや、7gのラバージグ、3/8〜1/2osのスピナーベイトと、実に幅広く快適に使えました。2ピースでも感度も良く、繋ぎめの曲がりが若干ぎこちないですが、十分なしなやかさとパワーを持っています。

基本スペックと使用感

ルアー表記は7〜21g。最近のロットでは、オンス表記(1/4〜3/4oz)も併記されています。

ジャークベイトやクランクも使えますが、9g以下だと若干投げにくかったです。これなら、168MHで9g以下のルアーをなんとか扱って、やや重めのルアーメインでタックルボックス構築しなおしてもいいかな?というのが正直な印象。

他社のミディアムパワーの竿より固く、MHより少し弱い竿といった感じです。じゃあ少し重めのルアーって事で、ルドラのような大型ジャークベイトをジャークしたり、底物を使ったりもしましたが、どうもテーパーが曲がりすぎました。これならいっそ、ファーストテーパーに仕上げてくれた方が使いやすかったかも。。 ←自分はファーストテーパー好き

結論 | バーサタイル用途なら1610M

166Mを使ってみて思ったのは、エクスプライドでバーサタイルな竿を求めるなら、1610Mの方が良さそうだという点。同じパワーでも、長さによる使用感はかなり違うようで、短い分少し強くなるのかもしれません。

ただ、最近のロット(ルアー重量にozが併記されている)の166Mを触った時、少し違う印象を受けたので何らかのマイナーチェンジが入っているかもしれません。機会があれば試してみたいです^^

※追記:新しいロットでも使用感はあまり変わりませんでした。エクスプライドのバーサタイルモデルは、1610Mの方が適任だと感じています。166Mは短い分、ややパワーが強めで、より近距離への撃ち物などに向いていそうです。

 

現行エクスプライドのおすすめ機種も記事にしているので、参考にしてみてください。

シマノ エクスプライド [EXPRIDE] | おすすめ機種の厳選ラインナップ - 俺のバス釣りタックル
シマノ エクスプライド [EXPRIDE] | おすすめ機種の厳選ラインナップ - 俺のバス釣りタックル

シマノのエクスプライドと言えば、2万円台という価格帯で最も主流なロッドではないでしょうか? 性能の高さと価格のバランスが良く、多数のロッドが必要なボートの釣りでも、本数を絞りたいオカッパリでも、必ずマ

続きを見る

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ロッド
-, ,

© 2020 俺のバス釣りタックル