ロッド

エクスプライド(EXPRIDE) 1ピース or 2ピース

シマノ エクスプライド

2017年 NEW エクスプライドで使用モデルをリニューアル!!
してきた今年ですが、

昨年から使用頻度が多かったのがコチラ。

まだ入れ替えていない旧エクスプライドの4機種です!!

168MH ジグ用(どうしようもないカバー遭遇時用)
1610M 巻物用(広いエリアで途方にくれた時用)
264UL+ ライトリグ用(見えバスに投げてみる用)
266L ライトリグ用(主にコレで魚釣る用)

全て1ピースモデルで、過去は2ピース主体(168MH-2、166M-2、266L-2 など)で使っていた番手から少し趣旨替え。このモデルも新シリーズに入れ替えていきたい。。

というのは、最近また、バス釣り用ロッドは1ピースモデルがいいと、改めて感じました。

昔のような
1ピースが全てにおいて絶対!!
は薄れましたが、キャスティングの心地よさは1ピースがダントツです。

「エクスプライドは棒である」と形容される事が多いみたいですが、2ピースモデルはそれがやや顕著に表れます。若干ですが、竿全体にルアーの重みを乗せにくいイメージとなり、1ピースモデルより投げにくいっ!!!

キャスティングが致命的に下手なオイラにとって、道具が助けてくれない状態は痛手です。

しかし、感度に関しては2ピースの方が自分好みで、リフティングパワーも十分でした(継ぎ目のノイズが影響している?)。

もしかすると、ポイズン アドレナ センターカット2ピースのように、エクスプライドの2ピースもティップとバットで個別の味付けを設計しやすいのかもしれません。

さすがにエクスプライドの価格帯で2ピースの弾性までは変えていないでしょうが、ティップ側のピースを繊細に、バット側を強靭にすれば、感度とリフティングパワーは良くなりそうです。
その分、1本としてのバランスは統一感が失われるので、全体でルアーなどの思いを受け止めるのは苦手かもしれません。アドレナの2ピースも使用してみて、微妙な投げにくさを感じたので。

要は、普通にキャストできる人なら
1ピースと2ピースで差がない?!
感じになってきたと思います。後は個性の使い分けかと!

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-ロッド
-,

© 2020 俺のバス釣りタックル