リール

ダイワ DAIWA T3 SV インプレ

リールはシマノ

そんなオイラが・・

DAIWA T3 SV 6.3R-TWを使ってみたー

ダイワ DAIWA T3 SV 6.3R-TW!

ネットで不評だった初期ロット、第二ロットが過ぎ去ってからの使用。

参考にさせていただいたブログはコチラ!

数多のトラブルにも負けず、T3SVへの強い愛情を書き記した「三郷在住 バス釣りブログ」さんが背中を押してくれました。

いやー

楽しいわコレ!!

DAIWA Zの登場時からマグフォース3Dに興味あったのですが、これすげー気持ちいい投げ心地♪ ALL ROUNDモードのダイヤル10〜14で、ほとんどのルアーがノントラブルで十分な距離を投げれます。

何より

マグブレーキなのに失速感が少なく、スムーズに抜けていくんですb

昔使っていたTD Zやジリオンとは異なるキャストフィールだと感じました。

DCやSVSインフィニティ同様、へたっぴなオイラでも強風の向かい風をキャスト可能なのがスゴい!ダイヤル設定を変えずにMAX BRAKEモードにすれば、さらに安定して(ひょっとするとDCよりも)必要十分な距離を逆風に向かってキャストできます。
それにブレーキ設定を変えずにピッチングできるのも便利!

LONG CASTモードではさらに飛距離がグンと伸びますが、サミング無しだと少し糸がフケ気味で、最悪バックラッシュしました。オイラのキャストが下手なせいもありますが、「ノートラブルなリールには魅力がない!」なんていうジリオンHLC使いの人とかにも良いのでは?!


使ってるルアーはこんな感じ。

ワイルドハンチやワイルドハンチSRなどを使う限り、十分なパワーと巻き心地でした。TWSがラインを押さえている感もありません。ただ、スピナーベイトを巻いた時に若干重たく感じます。これは、ギアの性質やTWSがラインを押さえているというより、ハイスピードなレベルワインドがそう感じさせている気がします。

それでも、ハイスピードレベルワインドとTWSはベストすぎる組み合わせ!!

ラインをフカフカに巻く事で糸噛みが少なく、万が一のバックラッシュも軽度ですみます。フカフカなラインは飛距離に影響が出そうですが、そこをTWSがばっちりカバーしてくれます!!

ちなみに、写真のT3 SVがライン巻いていないのは、回復不可能なバックラッシュしたからです。

え?

SVはバックラッシュしないんじゃないかって?

背後の木にルアーが引っかかった状態では、流石にトラブルレスではありませんでしたっっww

しかも2回>< 1回目は何とか回復したんですが。。

つ、つまり、背後を忘れる程、夢中に投げ続けた訳です(笑)

あくまでも個人の感想ですが、何かの参考にしていただければ(≧▽≦)

クリックで応援おねがいします!

  • この記事を書いた人

@BassTsuriTackle

SNSをフォローして、「俺のバス釣りタックル」最新ニュース情報をチェック!

-リール
-,

© 2020 俺のバス釣りタックル